見出し画像

『ざっくり理解する「宮家とは何か?」』 素朴な疑問から、皇位継承問題を考える

井川夕慈

Kindle電子書籍『ざっくり理解する「宮家とは何か?」』より一部を抜粋して公開します。


ホテルと宮家の素敵な関係

 猪瀬直樹の『ミカドの肖像』(一九八六)を読んでいた。 

 原宿駅近くの社長応接室で猪瀬が質問する。

ホテル過剰時代といわれている折柄、プリンスホテルをつぎつぎに都心につくっていく。それでどうして採算がとれるのか、不思議に思います。

 これに対する西武鉄道グループ総帥・堤義明の回答は、

ホテルというものは、新しく土地を買って始めるというものではないんです。すでにある土地をどう利用するのか、と考えてホテルをつくったわけです。

 猪瀬にはもう一つの疑問があった。
 赤坂プリンスホテルには旧館がある。高輪プリンスホテルにも古い洋館がある。新高輪プリンスホテルにも洋館が残されている。

こうした、ひとつの符牒のような高層ホテルと二階建ての洋館の組み合わせ、これはなにを意味するのか。

 結論を明かしてしまえば、

謎の洋館は旧宮家の住居であり、高層ホテルはその宏大な敷地に建てられたのであった。

 つまりプリンスホテルとは、西武グループ創業者の堤康二郎が旧宮家から買い漁った土地に建てられたホテルなのである。
 そこになぜわざわざ古い建物を残しているのかというと、土地売買の交渉をするにあたり、旧邸宅を残すという条件を付けることによって、契約当事者の間にWin-Winの関係が成立したからだという。すなわち、元オーナーにあっては皇族としての自尊心が満たされ、そこに雇われていた幹部職員にあっては(オーナーに対する)忠誠心を示すことができ、西武グループにあっては皇族のブランドイメージをホテル経営に活用できるという――。
 参考までに、現在ではグランドプリンスホテル高輪になっている土地を手離した竹田家の当主・竹田恒徳(つねよし)と猪瀬の生々しいやり取りを引いておこう。

邸宅を西武に売ったのは、どういう考えからですか。
「持ちきれなかったということですよ。それに、西武は西洋館を潰さないで大切に使ってくれるといっておりましたから。跡形もなく消えちゃえば淋しいけれど、実際、いまだに西洋館は残っていますからね。嬉しいことです。外国から知人が来たときにはこの西洋館でパーティをすることにしているんですが、そんな折にね、ここは私がかつて住んでいた家なんです、というとみんな喜んでくれてねえ」

 西洋館は現在「高輪 貴賓館(グランドプリンスホテル高輪)」と呼ばれる結婚式場になっている。

 建物が古いわりに料金が高いというイメージがあって、私はプリンスホテルのお世話になったことはほとんど無いのだが(明確な記憶があるのは一度きり)、全国展開しているにしては、どこかコンセプトが一貫しないホテルチェーンだなという印象を抱いていた。ところが今回、もともと宿泊業がやりたくて始めたホテルではないということを知って、「ああ、道理で」と膝を叩きたくなった。
 そう合点する傍ら、文章の中に当たり前のように出てくる「宮家」あるいは「旧宮家」なる言葉――これがよく分からなかった。


(続きはKindleでお楽しみください。)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
井川夕慈

最後まで記事をお読みくださりありがとうございます。いただきましたサポートは、謹んでnoteその他の執筆活動の活力とするべく使わせていただきます。