飯田橋の小さな出版社の社長です。

斜陽産業の出版業界。でも本が好き! 本に関連する仕事は書店から編集、営業まで多種多様、一点一点が全て新商品! これほど飽きない、面白い仕事はないけど、儲からないし、生活苦しいしで辛い。 そんな出版業界について、出版社の株式会社アルファベータブックス代表取締役、春日俊一が綴る。

テンセントが起こす インターネット+世界革命

やっと完成。 『テンセントが起こす インターネット+世界革命』 9月25日ごろから店頭に並びます。 CEOの馬化騰の著者としては初邦訳です。 今やアリババとならぶアジアT…

メールが増えすぎて…

仕事をすればするほど、付き合った人たちが増えれば増えるほど(中には縁が切れていく人も多々いますが)、ますますメールも増えて、最近は、メール以外のLINEやメッセンジ…

朝日新聞に書評

我が社、アルファベータブックスから7月に刊行されました高田雅彦著『七人の侍 ロケ地の謎を探る』が、本日、朝日新聞にて横尾忠則さんに書評していただきました。 ほかに…

中国IT企業

年内出す予定の新企画がついに6本も同時追い込みという、今まで経験したことがない山越え中。 いろいろとコロナで遅れた企画も集中し、しかもどれも大作で、いくらやって…

税務署

税務署、何回行ったんだろうなあ。 何かと新規の取引先とか融資でいちいち登記簿謄本が必要なので取りに行く。 タコ社長のお馴染みのセリフ「ちょっと税務署に行ってくる」…

一本一本音が違うアコギ

御茶ノ水の下倉楽器で次男のために買ったミニのアコースティックギターは、二本迷ったうちの一本で、17000円のか、20000円のかで迷って試奏したら、3000円の違いは、やはり…