見出し画像

インビジブルマン

彼には何もなかったのだ、故に彼を認知するものはなかった。
名前はあった、しかし、誰もが忘れてしまった。
彼には趣味がなかった。そのため、趣味を共有する友はなかった。彼には今までは職があった。営業の職である。しかし、大した営業成績を残せず、その職も不況の波の中で消えていった。
彼には今や何もない。名も、名乗らねば意味をなさない。
職がなくなってから数ヶ月後に追い出されたアパートの名はなつみ荘といったが、それは今の彼には関係のないことである。
全ての人間の存在の本質が、物質ではなく、情報であることを、彼は知った。
彼は橋の下で生活している。
カエルが鳴いている。彼はそのカエルの存在が明らかであると断言できない。
彼は名のあるものを食べ、名のない命を延命させる。
もはや意味のない命である。
生きているという情報さえ、今の彼には意味をなさない。

彼という情報が、この世からなくなってからはや、数ヶ月がすぎた。彼は情報を理解できなくなった。
雨という存在が、様々な情報と共に世の中に降り注ぐ。冷たさ、匂い、暗さ、しめっぽさ、気持ち悪さ、煩わしさ。
しかし、彼はその情報を認知できない。そこにあるのは情報なき雨である。
雨ですらない、雨である。
彼はその中をただ、一人歩いている。
彼を見るものはいるが、彼を見たという情報は数秒間で、変化し、最終的には情報の海の中で溶けてなくなるのである。


しかし、転機というものは雨風のように気まぐれにやってくる。

誰かが、彼を見たことがあると、インターネットで呟く。
それに対し、呼応する人々が現れる。
発言、コメント、発言、コメント、そして、写真
薄汚い、彼の写真が、情報の海のなかで、日の目を見る。
彼は、そこで情報存在として、一程度の価値をえた。
彼の画像は様々なコメディ画像に様変わりし、インターネット上で行き交う情報となった。

しかし、誰も彼の居場所や存在を知らない。
誰が載せたかもわからぬ画像をただ面白がり、そこに情報的存在を投影しているのである。

しかし、間違いなく、彼は存在を得たのだ。彼は主観として存在しないが、客観として情報存在になったのである。

しかし、肉体と情報は分離している。
やがて、彼の肉体は朽ち果て、腐敗し、消えてなくなった。
だが、彼は情報存在として、情報の中で揺蕩っている。

誰かが嬌声を立てながら、セックスをする。
肉体存在としての悦びである。

情報存在の彼は情報の中でそれに交わる。
不思議な感覚、肉体的でない、完全的に精神的な悦楽が、彼を包むのである。

彼は今日も誰かに認知される。
その度に彼は温かみを感じるのだ。
肉体存在であった際には感じたことのない温もりである。

彼はそこに「いる」確かに「いる」のである。


そのようにして、彼は現在も300年間存在し続けている。
300年間、彼は辛いと感じたことはない。

また、誰かが職をなくしたらしい。

彼には趣味がない…


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
色々ブログみたいに書こうと思い登録する。 思考をまとめるのが不得意なためおそらく駄文を量産することは容易に想像できる。