ゲーム実況で使っている自作PCのお話

ゲーム実況で使っている自作PCのお話

※この記事はi.Design Advent Calendar 2018 24日目の記事です。

こんにちは、ちゃんけいです。
2018年はWindowsのPCを自作しましたので、スペックと使い心地を紹介します!

用途のメインは、ゲーム実況/生配信と動画編集です。
他にプログラミングや書類等の作業とイラスト描いたりとゲーム以外にもやりたいことがあるので、汎用性重視で。

編集はゲーム実況程度の編集なのでそこまで重くないもの、ゲームは最新のものを最高設定でやるタイプではないのでそこまで高スペックである必要はありません。

大は小を兼ねると言いますが、自作なので足りなくなれば増設したりできるのがメリットの一つです。
今回の場合は兼ねる必要はありませんね。

あとは、コスパ重視!初期投資は少なめに!
それではどうぞ!

スペックと一言

細かい数字は省きます。

OS:Windows 10 Home
会社に導入するとかセキュリティが気になる!という方をのぞいてWin 10 Proはいりませんね。
私の目的だとHomeで充分です。

マザーボード:MSI Z370 GAMING PLUS/A ATX
MSIが好き、ただそれだけ....

最初は別のものにしようと思っていたのもあり、途中でこちらに変更したことにより、メモリやらなんやら選びなおしたのは良い思い出。

ATX規格のマザボです。

CPU:Core i7-8700
可もなく不可もなく。

GPU:玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1060 6GB
コスパ重視で玄人志向です!
1060あれば大体のゲームは動くので問題なしです。

2,3年後の最新タイトルはきつくなってくるかもしれません。

その時はパソコンの寿命も来るだろうしということで、載せ替え一択ですね。

メモリ:DDR4 266 ゲーミングモデル 8GB × 2
16GBの構成です。ヒートシンク付きでコスパがとっても良いので購入決定。
Adobe製品のアップデートがあり、メインで編集に使っているPremiere Proの推奨スペックが32GBになったので増設予定です。

( コルセアの光るやつが欲しい... )

SSD:Transcend SSD 240GB
今アマゾンで価格を見ると5,000円...めっちゃ値段さがってるやないかーーーーーい!
最近SSDの価格がさがってきてますもんね...

ちょっと後悔!

M.2 SSDも惹かれるものがありましたが、詳しい知り合いに聞いた結果お値段と発熱を考えて無しの方向で...

HDD:WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB
青のやつです。

BD/DVDドライブ:なし
ディスクってもうみなくなりましたよね、でんぱ組のライブBDをみたいからちょっと欲しいと思ってます。

1つのヘッドホンでBDの音と、PC内の音がでるのでPCでみれる方が何かと便利ですよね。

電源:玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 600W
またもや登場玄人志向。
劣化も考えて少し余裕のある600Wに決定

ケース:GraceFun White グラシファン ホワイト
ケースはドスパラで購入。
店舗でみてから、ネットで購入しました。今の所綺麗でファンもたくさん増設できるので夏場も問題なく動いています。

使い心地

よほど重い作業をしない限り全く問題なしです!

4K動画のレンダリング中に1度落ちたぐらいで、その時はAdobeのPhotoshop、Premiere Pro、Media Encoderと言ったソフトを使いながらレンダリングしていたのでこのスペックじゃそりゃ厳しいよって感じでした。

違う日だと問題なく書き出しできたので、直前の作業などのせいもあるかもしれません。

編集に関しては4Kじゃないかぎり自分の使い方だと問題なしです。

(After EffectsでMGを作ってる時にちょっと思い瞬間があるような気もする)

ゲームの方は、OverWatch、7DTD、Tomb Raiderといったそこまで重くないものしかしてませんが全てウルトラ設定で問題なく動いています。

他にも色々してますが現状問題なし。

生配信の方はYouTube、Twitch、mixerの3チャンネル同時配信はちょっときつかったです。

回線の関係もありますが、2チャンネルくらいなら問題なく配信できました。

ラッキーなことがおこった

ほとんどamazonで購入したのですが、OSに不具合の可能性があるとして返金対象になりOSと一緒に頼んだ商品が届いているのに全額かえってくるという謎の状態になりました。

詐欺かな....?と思いamazon側に何度か連絡をとった末にたどり着いたのが.....

「amazonの処理上仕方がないので、返金に関してはお客様でお使いください」

・・・え?

・・いいの?

5万円ほどかえってきたけど...?

やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

ということで、最高の展開になりました。

元々セールということもあって安かったのが返金でお祭り状態、結果として5万円ほどでPCを組むことができました。


最&高。


まとめ

結構なPCマニアでもない限りスペックの細かい違いは実感できないと思いますので、初めての方はとにかくコスパ重視が良いかと思います。

スペックに目がいってしまって実際にすることとは全く必要のないスペックになったなどもよくある話なので、自作する際はお気をつけて....

ゲーミングチェアも買ってしまったので快適な引きこもり生活ができそうです!

来年は余裕があればAMDのPCをつくれたらなと思います!
自作沼にはまっていくよ〜!

最近友人がGTX2080搭載の30万ほどするPCを購入したそうで、羨ましい次第です。

それではまた!

アイドットデザイン:https://idotdesign.net/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
福岡のWebサイト制作会社のアカウントです。 https://idotdesign.net/