見出し画像

【ヒュージ・リーダーズ】序盤の動きまとめ

idomargin

はじめに

お、多すぎる……!

どんだけ大会が開かれるんだヒュージ。

さて、いつもならお祝いにデッキを投稿するところなのですが。

最近は嬉しいことにヒュージを始めた方と卓を囲む機会もそれなりの数あり、感想戦では「どういう風にデッキを組むのか」という話になることもしばし。

ヒュージ・リーダーズはマナ総量が5マナ以上のカードのみしか採用できないフォーマットですが、単に5マナ以上のカードを集めただけのデッキと専用に組まれたデッキでは動きに大きな違いがあります。

特に序盤のターンを有効活用するためのテクニックは大量に存在し、序盤は決して土地を置くだけの時間ではありません。

参考になる記事もたくさんあります。




私も自身の記事でいろいろ紹介しているのですが、個々の記事でテクニックとして出すよりもまとめて公開したほうがいいのではないかということで、今回は改めてヒュージの醍醐味のひとつである序盤の動きについてまとめることにしました。

ヒュージの序盤とは何ターンまでか?

この部分にはさまざまな見解があるかと思いますが、本記事では3ターン目までを序盤として扱います。

ヒュージ・リーダーズは5マナ以上のカードだけで構成されるフォーマットですが、ほとんどのデッキは4ターン目には5マナ相当の動きを取ることができます。

ここでおおよそのデッキの展開が並ぶと考えると、3ターン目までの選択肢が限られるターンを序盤とすべきかと考えました。

では、3ターン目までに可能な動きについて見てみましょう。

マナ加速

ヒュージの基本中の基本といえる動きです。

ヒュージには「初手が1枚でもマナ加速がないよりはマシ」という言葉もあり、序盤をいかにマナ加速に充てるかは大事です。

※この記事では《古えの墳墓》《Mishra's Workshop》やサクリファイスランド・枯渇ランドなどの「土地を置くだけのマナ加速」は省略しています。

画像1

統率領域から《荒地》を置いてディスカードしマナ加速する、ヒュージのソルリンとして知られるカードです。

ディスカードや切削を行うカードとのシナジーもあり、土地破壊にも耐性をつけられるなど、地味ながらヒュージを象徴する1枚です。

画像2

画像3

土地を2枚サーチできるカード2種。

《無限地帯》はどんなデッキにも入る汎用性が魅力であり、《クローサの境界》は基本土地タイプさえ持っていればなんでもサーチできるのが魅力です。

《死者の原野》を採用したデッキでは、氷雪土地を採用することで土地の種類を増やせるのも見逃せないポイント。

画像4

《荒地》をセットして手札の土地を温存できるヒュージと相性のいいカードです。

基本土地を多く採用できる単色〜2色デッキで輝くカードであり、《無限地帯》やサクリファイスランドと共に、単色デッキを使いやすくする要因になっています。

画像5

普通に土地として置くこともできますが、《不連続性》《覆滅+複製》とのコンボで3マナの加速が可能になります。

一気に3マナの加速はヒュージでもトップクラスの性能であり、序盤では屈指のビッグターンになるでしょう。

画像6

画像7

画像8

ランパン三銃士を連れてきたよ。

緑絡みのデッキの特権である3枚であり、赤緑・青緑のデッキの安定性を高めています。

画像9

画像10

画像11

宝物三銃士を連れてきたよ。

ヒュージの《猿人の指導霊》でしょうか。カード性能がそれなりに優秀なのも嬉しいです。

画像12

画像13

変則的マナ加速2枚。

《古えの墳墓》など複数マナを出せる土地をサーチすることで実質的にマナ加速します。

《女王への懇願》は土地が伸びたら普通のサーチカードになるのも強いです。

クリーチャー展開

あえてマナ加速に走らず、クリーチャーを並べてブン殴るプランも存在します。

3ターン目からクリーチャーを途切れなく展開するアグロに身を任せよう。

画像14

モダホラ2が生み出したヒュージの申し子

コスト軽減能力がヒュージと噛み合いすぎていて、誰かが《宝石の洞窟》が置いていると2ターン目に4/4飛行を展開することも普通にあります。早すぎる。

赤がいるときは《溺墓の寺院》は必ずエンドに起動しましょう。

画像15

画像16

トークン生成スペルはいろいろありますが、特におすすめな2種。

《幽体の行列》は白の全体強化とも相性がよく3マナとは思えない打撃力を誇ります。

画像17

画像18

画像19

マッドネス三銃士。

周りが《溺墓の寺院》をディスカードしている間にクリーチャーを展開していきましょう。

画像20

画像21

手札を使う代わりにいつでも墓地から戻せる2枚。

ヒュージでは手札を使い切るのが難しいため、2枚のディスカードなら十分許容範囲です。

また、過去記事でも触れましたが略号UMAの馬は《グール馬》だけなので馬ファンの皆さんにおすすめです。

画像22

画像23

画像24

マナを使わずに変異できる三銃士。

《朽ちゆく猛禽》はゾンビデッキ以外で扱うのがやや難しいですが、4/4というサイズはかなり魅力的です。

画像25

コスト軽減能力により最速1〜2ターン目にキャスト可能な脅威。

《生ける屍》が最強クラスのカードであるヒュージでは《通りの悪霊》などのサイクリングクリーチャーと合わせて採用するといい感じです。

画像26

0ターン目に展開できる無法のカード。

実は出てくるトークンも含めてファイレクシアンです。

画像27

両面カードのルールで不法入国した鴉。

手札に戻ってしまいますが2ターン目から展開できるのは重要で、高レベルな環境でも3ターン目《始祖ドラゴン》に対するブロッカーにもなれます。

画像28

3ターン目に出るわけではないのですが、強力なアグロカードです。

9/7速攻はヒュージでも強いサイズで、全体除去への耐性を擬似的につけられるのでオススメです。

スペル(相当)

序盤から動けるスペルたちの紹介です。

起動型能力などもここに含めます。

変成については省略します。

画像29

画像30

画像31

手札の質を上げるカードたち。

3枚とも墓地肥やしを兼ねられるのが利点です。

画像32

画像33

こちらはアドバンテージが得られます。

ヒュージはデッキが50枚と少ないため、デッキを掘り進める価値は意外と高いです。

画像34

序盤としては段違いに強力なサーチカード。

《ザルファーの魔道士、テフェリー》など強力なウィザードは色々と存在しますし、コンボパーツのサーチも可能です。

画像35

なんとダンジョンにも潜れます。

それだけでは3点ゲインと占術1くらいですが、無限ダンジョン探索のパーツを墓地に落としておけるのは優秀。

白単ドレッジを組む際の必須パーツです。

おわりに

結構ものすごい量になってしまいました。

ここに挙げたのは私が使おうと思った範囲のカードたちなので、ヒュージには他にもいろいろなカードが存在しています。

皆さんもぜひ、自分のデッキに合った序盤の動きを探してみてください。

宣伝

私が組んだ中で今回ご紹介したカードたちを実際に投入しているデッキのサンプルです。

よろしければ参考にしてください。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
idomargin