再開「mixi日記」~1万字にチャレンジ2019年06月02日=6524 文字

文字数カウント
文字数計算ツール
上記サイトによるカウントは 6524 文字
note編集ページの総字数は 6626 文字

さとちゃんち今日最後のコメントかな

午後11時前だから最後の日記の追い込みに掛からなければね
昨日は全然かけなかったと思ってたらまさかの6千字超え
今日はどのくらい行ってるかまだ分からない
11時半ごろトータルの数字出してmixiのプロフィを更新して
プロフィにはmixi日記をコピペして毎日更新してるからね
それはプロフィページが訪問さやが最初に見るページだからね
そうやって日記を毎日コピペして更新してるわけ
そんなこと感じている人少ないと思うけどね
そもそも訪問者少ないはずだし
ここと関係ないことばかり書いてちゃダメダメってことで
ブログ記事のことに関連したコメントを書かなくちゃね
この記事は松ちゃんのことだけど
私のところは猫ちゃんには関係あるけど
ワンちゃんのことは全く分からない
大型犬を買ってみたいという気持ちはあるけど
世話が大変だろうし餌代が半端ないんとちゃう?
猫ちゃん飼ってた時もそこそこお金使ってたと思うけど
ワンちゃんそれも大型犬だと大変でしょうね
一時大阪のある女性のところに居候してたけど
そこには小型犬のポメラニアンっていうの
かわいい子がいた
喜ぶと部屋を走り回ってね
たしかにワンちゃんも表情があるよね
さみしそうな顔もするし
はしゃぐ顔もするし
こちらの気のせいかもしれないけど
色んな表情をうかがうことができる気がした
結局私は女性と別れ
女性も引っ越しして郷里に戻ることになり
そのワンちゃんは知人に見てもらうことになって
別れ離れになったようだが
もう20年も前のことになる
皆様どうなったでしょうか
わたしは70を過ぎてまだかろうじて生きておりますが
そろそろお迎えの来る男の死に時
70代に突入しております
お迎えを楽しみに心待ちにしていますので
いつでもどうぞ
私の旅立ちはベートーベンの歓喜で送ってもらうことになってます
まあそれはこちらの希望でどうなりますやら
この辺のこともあちこち同じことを書いてますので
もうやめたほうがよろしいようですね
この後Twitterチェックして終わることにしましょう
最後に日記のトータル数字出してね
楽しみですね・・・さて何字まで行きましたか
毎日スリルとサスペンスを味わっております
けっこう毛だらけな暮らしをさせていただいております
みな皆様のおかげです
ありがとうございました
ではまた明日・・・
ごきげんよう

2019.6.2~高山のことやトンネル工事現場で何がおこっているかなど:ちょうど電話かかってきて中継中

午後10時過ぎて高山から電話
ちょうどよかった実況中継で書いていこうとここに来たら
まだ何も書いてなかった・・・それすっかり忘れていた
だからよかったよかった集中して書こうか
向こうは九州だけど雨だったそうな
日曜日だけどいろいろ仕事があるらしく社員は出勤
明日だったかな起工式が一つの大きな現場であるらしい
日曜ということもあって仕事もそこそこに格闘技の練習を始めたとか
大手の元請けの大きな仕事ということもあって その一つの現場簿起工式
その時は高山の会社の会長社長もも主席するとか
社長はこのような儀式に出席するのは嫌だったようだが
起工式に社長が出ないのはまずいということになり出席になったとか
この社長と高山の相性が悪いことは書いたと思うが
社長が実力ある高山の営業成績がいいものだから自分の存在感が無くない
そのことを逆恨みしているのかお金にうるさいという
高山の給料は絶対上げないというし経費の面でのチェックも厳しいという
なにか本社に隠れてやってるのではないかという疑念もあるらしい
高山がもしかしたら独立することもあるのかと疑心暗鬼
会長が高山を全面的に支援しているので今は問題ないが
会長がいずれ退くのは目に見えているので
その後の社長との関係がどうなるのかそれも気になるところ
その大きな現場の事務担当をどうするか
高山や現場の抗夫の中心となる班長が検討しているという
その事務お担当を社員候補の新しい女事務員に任せようかという話

さて格闘技の話
ブル―シートをマット代わりに敷いて簡易のリング設置
高山の右腕A子ちゃんは柔術のスパーリングを高山としたいと
申し出たようだが高山は彼女の上達に危うさを感じてきたらしく
5分だけということで相手したらしいが
見ていたものから危なかったですねと冷やかされたらしい
高山も50過ぎたのでいよいよ格闘技は引退を考えた方がいいようだ
負けてやめるよりもチャンピオンでやめた方がかっこいいかも
高山は自分が倒すといっているYは残念がるだろうけどね
A子も自分が絞めると言ってるようだが
高山の性格からして女に負けたとは言われたくないだろう
こちらもどうなることやら見ものではある

ということで電話が切れたのでこれもやめることにしよう
そろそろ11時になる
日記の追い込みしなくちゃねまだ何字書けてるか計算していない
以前はいちいち計算してたんだけど
今は最後にトータルを見ることにしている
その方がスリルがあって面白い
それじゃここはオシマイってことでよろしく

ツイートから・・・川崎問題

川崎事件のことだけど
私が気になるのは
凶行の後自死した男の
そこに至る過程に
何があったか
何が彼をそうさせたか
そのことが知りたい
自分にも犯罪を犯す可能性があることを
感じてるからだろう
私を踏みとどめている要因の一つは
間違いなく家族の愛を感じていたから
両親の信頼は絶対裏切れない

私を踏みとどめているもう一つの要因
たとえ両親家庭の愛信頼があったとしても
もし自由になる金があったなら
つまりある成功でもして大金を手にしたとか
高収入を得られる身分になったとしたら
かろうじて自制してきた快楽への病的欲望がら
果たして自分を抑制できるだろうか
自制できた要因は貧乏だ

川崎で凶行に走った男とは違う方向で
自分が固執する欲望への追及へと
暴走犯罪の道を突き進んだろう危険性を自覚している
自分のこととして考えている
一人の人間を追い詰めるものは何か
それをこそ知りたい
それを考えたい
そこに何があるのか
もろもろの矛盾問題を考えたい
彼がなぜそうなったかを

さとちゃんちのへのコメント・・・予定は未定紀伊半島巡り

I.Fujikawa
私は案外V番組に影響されて
放送された場所に行ってみたくなる
それどころか働いてみたくなる
たとえば香住のハタハタ漁師
NHKの新・日本紀行だったか
ほんとに移り住もうかと思ったほど
思うのは思うけど実行できないのがいいのか悪いのか
私のいつもの例
大阪名古屋京都と移り住んで
いよいよ京都に腰を落ち着けてしまったが
昔は札幌30という目標を掲げていた
関西から東京北海道と移り住んで
30歳で札幌という予定だったが
名古屋まで行って京都に逆戻り
関西に居ついて思ったのが
いつか紀伊半島をぐるりと列車で巡ってみたい
そう思うようになった
例によって予定は未定で
行動に移せない私の弱み
時刻表をながめての妄想の旅をしていた
さとちゃんは紀伊の山々を50㏄の原付バイクで巡るという
私に言わせればとんでもない人だ
それに太っている私の倍ほど?もある体格
なのに原付で?って信じられない
きちんと聞かなかったが四国も原付で行ったとか?
恐ろしい人だ 怖さ知らずの人だ
そこまでにさとちゃんを駆り立てたものはなんだろう
私は自家用車でかなりの山奥へ行ったことはあるが
原付なんぞは頭に浮かびもしない
それをやるんだからね剛毅豪胆バカ丸出し?
これって誉め言葉だからね
普通の人は考えないでしょ
そうなんだよな
こうしてみるとさとちゃんは
普通の人じゃないんだよね
良くは話してはいないんだけど
だから正直なところ良くは知らないんだけど
もうなくなっちゃったから私の妄想の世界で
さとちゃん増がふくらんでいったのかもね
こんなこと今してるんだから
不思議だよね
怒涛の縁だね
そうだね
怒涛詩人ってぴったりの表現だね
怒涛という言葉をよく使っているけど
生きざまが怒涛なんだね
穏やかな風貌ではあるけど
でもどうして早くなくなったんだろうね
そろそろ丸8年?
60代半ばだったんじゃないかな
私の紀伊半島を巡る旅は未定のまま終わるだろうけど
さとちゃんの記事を読んで
あっちこっち旅するよ
文章の旅だね
ほんとによく書いてる
かたぐるしくない愉しく優しい文章
詩人だからね
体格と気質は怒涛そのもの
文章はやさしいよね
だから山里のや海里の人は
さとちゃんに心許して話してくれるんだね
話の聞き上手そして話し上手書き上手でもあったよね
ほめまくるよ
さとちゃんのことほとんど知らないから
いい創造しかできないよ
それじゃまた

ツイートから~北原みのり氏のツイート

https://twitter.com/minorikitahara/status/1135137189690368000
北原みのり氏のツイートを目にした
フラワーデモに関するツイート
名古屋で6/11
仙台でもやりたいと連絡があったとか

北原みのり氏を知ったのはのりこえネットの動画
特に面白かったのは
20150519 のりこえねっとTV 「東方神起とあなたの物語」北原みのり×雨宮処凛×辛淑玉
https://youtu.be/oA9ZHukhTdA

北原みのり氏の発信する情報に注目している
気になるニュースの渦中にいつも彼女はいる
そしてその行動力と発信力にいつも感心している
Twitterと距離を置くようになって
入ってくる情報は極端に減った
減らしたといっていいい
そんな中でRTで北原みのり氏の消息発信を知ると
さすがと喜んで読んでいる

さとちゃんちへコメントあれこれ

熊野学舎の講座の参加したのは4回ほどだったろうか
吉野行もその一つで里恋橋の工場を見学
主宰者のさとちゃんと同じ年の生まれという共通性と
彼の体型から受ける印象からより親しみを感じたのかもしれない
それと何よりも彼の里山を巡る行動力と
それを丹念にブログ記事にしていった文才とエネルギー
尊敬以外にない
だからさとちゃんが無くなったのを知って
それは誰もがいつかは迎えることとさほどのショックはなかった
でも彼のブログを永遠に残しておきたいという思いは強かった
私にできることはたびたび訪れてコメントを残すことだと義務付けた
しかし日常の雑多な仕事に追われそう頻繁に来ることはなかった
来ることさえ忘れるようになった
でもコメントをずっと見てきたが
よく続けていたと思う

noteに自分自身の過去の文章をまとめる作業をしているが
Yahoo!ブログのサービス停止に伴ってブログの引っ越しを呼びなくされた
私自身のブログもそうだがこれを機会にさとちゃんのブログの日腰も済ませた
だから安心してコメントを続けられる
それを新たに義務付けることにした
毎日のnoteにその記録を残していくことで
思い出して時に訪問してコメントを残していたのと違って
毎日がコメント更新とnote記録の作業と並行して行うことになった
さとちゃんの記事数は3千件余り
全記事にコメントすると簡単に言うが
やはりそう簡単ではないだろう
簡単に済ませようと思えば済ませられるかもしれないが
記事の内容に沿ったコメントをするのは私には苦手な作業だ
現に今書いてる内容は記事の内容とは関係ないもの
概して私は人の書くものによほどのことがないと興味が湧かないたち
それでいて自分が書いたものに興味を持ってほしいと矛盾した思いを抱えている
noteの記事にしてもスキしてくれた人を訪問して確認するものの
その人の記事を読むことはほとんどない
たまに読んで面白かったので少し長めのコメント書いたら
さんざんな目にあったので削除してしまった
人とかかわりを持とうとするとこんな具合だ
だから一人遊びの世界に入っていく
子のさとちゃんのブログへのコメントにしても
私一人の遊び?だからやってられるのかも

ともかくさとちゃんのブログの全記事にコメントすると決めたし
さとちゃんの記事を紹介がてら私のコメントをnoteにまとめアップしていく
一日に10件だから単純計算で300日弱
1年弱の仕事になるのか
ただコピペするだけの作業で簡単と思いきや案外手間取ってる
昼食後のちょうど眠くなる時間でもあるからだが
眠気とのたたかいにもなっている
ひとつ心がけようと思っているのは
さとちゃんが書いた記事をの内容をよく読むこと
面倒なことが嫌いな私には罰ゲームみたいなものだが
それをやらなければさとちゃんに失礼だろう
せいぜい心しておこう
と言ってこのコメントの内容は
国栖奏についても吉野についても触れていないない
明日から明日からと先延ばしにするのも悪い癖
反省しても反省になってないのもいつものこと
ボチボチ行きましょう
さとちゃんがよく言うように
なるよになると軽い気持ちで

察ちゃんちのコメント1回目
察ちゃんじゃないよさとちゃんだよ

I.Fujikawa
大家さんがもらいものだといって
いろんなものをおすそ分けしてくださる
つい最近はハチクを湯がいたのをいただいた
一度は薄味にして炊いて
二度目は濃いめの佃煮
それから菜園をやってる姉さんのお友達も
スナップエンドウをこの前はたくさんいただいた
食べきれない時もあるけど
せいぜいありがたくいただいている
食べる方は料理をすればいいのだが
育てる方は何かと大変だろう
土いじりが苦手な私にはとてもできないことだ
それを趣味にしようとは思ったこともない
日tの好みは様々だが農は基本
好きになれない自分は人間的にどうかと思う

くら寿司のバイトテロ問題に関して~『無名魂』管理人日記から

今・・・午後4時半です
昨日のこの時間は まだ昼寝してたんじゃなかったかな
夕食済むまで日記を書くこともできなかったと思う
今確認したら「6時半を回ってやっとここに来た」って書いてる
そうだったか それで夕食の準備始めるまでの1時間ほど集中して
少しは字数を稼いでいたようだ
今当てもなく卓球の中国OPの男子準決勝を観ながら書いてる
昨日の日記のことだけど・・・5千字どころか3千字も無理だろうと思ってた
ところが日付が変わる前に集計したら6千字超えていた
昨日の体調と段取りではよくそこまで書けたと思う
Twitterでもブログへのコメントでもせいぜい長く書くことに努めはするが
短くてもいいからこま目に書いて投稿することだと思った
とにかく書くこと 書くことになれること
内容は後からついてくると思っている

さてここまでは前書きということで これから少しは意味のあること書こう
なんてさも書けるようなそぶりだがポーズだけ
少しは張ったりできるようになったとか・・・
はったりもなにもすべては文章に現れるので
どう取り繕ってもはったり書いてもダメダメってこと
本も読まず勉強もしていないのだからこんなもの
今日noteをアップして取り掛かったのはくら寿司に関して
これまでツイートしたものをnoteにまとめる作業
twilogでキーワード検索すれば関連の私のツイートが分かる
一応まとめてアップしたが もう一度確認してみようかと思ってる
まだ見落としているツイートがあるかもしれない
念のために確認してみよう
以前のツイートを読んでみてくら寿司におけるバイトテロについては
私の思いは変わっていないし第一義的に問題は
くら寿司側のセキュリティ 安全管理対策にあると思っている
くら寿司側は会社側は被害者という立場でバイト学生を訴え
警察は書類送検した さらに民事訴訟も検討しているという
バイトテロの当事者に厳しく対処することが
会社信頼回復になると思っている
業界2位といわれるくら寿司にしてそんな認識かとあきれている
いわゆるバイトテロ対策をわが問題として真剣に考えているのか
はなはだ疑問だ 考えた末の対応が刑事告発と民事裁判
今のところ伝わってくるのはそのようなこと
そして多くはそれを支持する人たちでネットは賑わっているようだ
バイトにしろ社員にせよ 働くものを大事に育て守るという視点はない
そこには信頼関係は生まれず
労働環境給与の面でも様々な不満だけが蓄積する
その結果がどういう形で噴き出すか
生産性効率化にゆるちじゅん追及の結果が
今あらゆるところで様々な問題となっている
様々なハラスメントや過労死過労自殺
異常としか言えない状態になっていることに気がつかないのか

くら寿司の「バイトテロ」問題について考える~私の関連ツイートまとめ

mixiプロフィ
藤川一郎
京都市北区紫竹北大門町37 葵荘17号
075-493-4676
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
京都在住50年弱/1947年生まれ/ 福岡出身/ 根暗だから 夜の路地裏散歩が好き