臨床1年目の教科書

86

肩甲下筋

3回に渡って回旋筋腱板の触診を整理していきました。1回目は棘上筋、2回目は棘下筋、3回目は小円筋。残りは今回のテーマである肩甲下筋ですね。回旋筋の中でも深部に位置しており、触診しづらい感じがしますが、一つ一つ整理していきましょう。 前回までの内容はこちらから 臨床1年目の教科書 1 触れることの臨床意義 まずはやはり走行を確認しましょう。 起始:肩甲下窩 停止:上腕骨小結節 (引用:visible body 2021) 走行を確認することで上腕骨の前面に付着していること

スキ
3

小円筋の触診

前々回は棘上筋、前回は棘下筋の触診について整理していきました。回旋筋腱板は肩関節で評価・アプローチする機会が多く、しっかりと触り分けができるようになっていきたいですね。触診できることで、評価とアプローチの有効性と再現性が向上していきます。 前回までの触診方法はこちらから 臨床1年目の教科書 今回は小円筋の触診について整理していきましょう。 1 触れることの臨床意義 小円筋の走行を確認していきましょう。 起始:肩甲骨外側縁 停止:上腕骨大結節(後縁下部) (引用:visib

スキ
5

棘下筋の触診

肩関節の評価・アプローチで意識することの多い回旋筋腱板。肩甲上腕関節は上腕骨頭の大きさと比較し関節窩が約3:1と小さく、関節包も緩いため可動性を主体とした構造になっています。この力学的な弱点を補強しているのが、関節唇、靭帯、筋や腱であり、回旋筋腱板は上腕骨の大・小結節の周囲に付着し、上腕骨の安定性に寄与しています。 前回は棘上筋について整理してみました。 前回の内容はこちらからご覧いただけます。 臨床1年目の教科書 今回は棘下筋の触診について整理していきましょう。 1 触れ

スキ
3

棘上筋の触診

肩関節の評価・アプローチで意識することの多い回旋筋腱板。それぞれがしっかりと働くことで、上腕骨頭を安定させる作用があります。 そのため、安定性がない場合、回旋筋腱板である、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋のどこの不全が生じているのか?を判別するために触診が重要となります。 今回から回旋筋腱板の触診について整理していきましょう。 まずは棘上筋です。 前回までの内容はこちらからご覧いただけます。 臨床1年目の教科書 1 触れることの臨床意義 肩甲上腕関節は上腕骨頭の大きさと比

スキ
3

大胸筋の触診

前回までに三角筋の前部・中部・後部線維の触診を整理していきました。一つ一つの解剖学・運動学を見直すと様々な発見がありますね。ぜひ、自分でも整理してみることをおすすめします。 前回までの内容はこちらからご覧いただけます。 臨床1年目の教科書 さて、今回のテーマは臨床で触れることの多い大胸筋です。 どのような目的を持って触診することが多いのでしょうか?整理していきましょう。 1 触れることの臨床意義臨床で大胸筋を触れる機会は反射検査、ブルンストローム、肩関節の評価・アプローチ

スキ
5

三角筋(後部線維)の触診

前回、前々回と中部線維・前部線維の触診について整理しました。三角筋は表層にあるため他と比べて触診がしやすい筋です。ぜひ臨床で実践していただきたいですね。 さて、今回は三角筋後部線維の触診を整理していきましょう。 三角筋後部線維はどのような時に働くのでしょうか? 1 触れることの臨床意義作用として肩関節を伸展させる筋であり、強力な回転モーメントを与える重要な筋です。 (引用:visible body 2021) また、前回の時にもご説明した通り、三角筋は内外旋にも作用しま

スキ
6

三角筋(前部線維)の触診

前回から肩甲上腕関節に関連する筋の触診を整理しています。前回までの内容がまだ読んでいない方はこちらから臨床1年目の教科書。 今回は、前回の続きの三角筋の触診方法について整理していきましょう。 三角筋は前回の説明の通り、肩甲上腕関節に強力なモーメントを生じる筋です。そのため、動作を見る際には必ずチェックしておきたいですね。 1 触れることの臨床意義作用として肩関節を屈曲させる筋であり、強力な回転モーメントを与える重要な筋です。 (引用:visible body 2021)

スキ
7

三角筋(中部線維)の触診

前回まで肩甲骨の安定性と運動性を担当している筋の触診について整理していきました。どうだったでしょう?肩甲骨を評価する時に視点が増えたのではないでしょうか? 次は、肩甲上腕関節の可動性と運動性について整理していきましょう。今回のテーマは三角筋(中部線維)です。 1 触れることの臨床意義作用として肩関節を外転させる筋であり、強力な回転モーメントを与える重要な筋です。 (引用:visible body 2021) また、三角筋が十分機能するためには、深部にある腱板筋群による上

スキ
3

前鋸筋の触診

前回までに肩甲骨を下方回旋させる、菱形筋・肩甲挙筋・小胸筋の整理をしてきました。肩甲上腕リズムが崩れてしまっている時には必ず確認しておきたいポイントでしたね。 今回は、肩甲上腕リズムの繋がりで、肩甲骨を上方回旋させる前鋸筋に注目して整理していきましょう。 前鋸筋は臨床でも評価・アプローチをすることが非常に多いと思います。ぜひ、触診もできるようになっておきたいですね。 1 触れることの臨床意義作用として肩甲骨を外転に関わる唯一の筋です。そのほかに、僧帽筋と協働して肩甲骨を上方

スキ
14

肩甲挙筋の触診

僧帽筋、菱形筋と徐々に肩甲骨周囲筋の触診を整理しています。 肩甲骨は鎖骨と骨性の結合がありますが、内側縁では軟部組織での結合のため、安定性を得るためには筋の役割が大きいです。 そのため、しっかりとそれぞれの筋を触診できるようになっておくと便利ですね。 今までのコラムはこちらから臨床1年目の教科書 本日整理するのが、肩甲挙筋です。 どのような役割を担っているのか?を整理していきましょう! 1 触れることの臨床意義作用としては肩甲骨挙上ですが、そのほかに菱形筋、小胸筋と恊働して

スキ
12