【ジョン・バーチ協会】公立学校に通う子供たちを救うために
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ジョン・バーチ協会】公立学校に通う子供たちを救うために

情報局815

こんにちは。情報局WAKEです。いつもお越しくださる方も、初めての方もご訪問ありがとうございます。

今回はジョン・バーチ協会の公式サイトの翻訳をします。翻訳のプロではありませんので、誤訳などがあるかもしれませんが、大目に見てください。翻訳はDeepLやGoogle翻訳などを活用しています。

学問・思想・宗教などについて触れていても、私自身がそれらを正しいと考えているわけではありません。

序文

先日紹介したジョン・バーチ協会ですが、以前に何度か知る機会があり、その後、林千勝氏が紹介されていたで、実際にどういった組織なのか気になっています。今回はジョン・バーチ協会のホームページの記事を取り上げることでその思想的外貌に迫りたいと思っております。この記事で紹介する内容はバーチ協会の教育に対する視点であり、現在のアメリカ合衆国が置かれている教育の問題点と、彼らの対策について掘り下げていきたいと考えております。

公立学校に通う子供たちを救うために

最近、全国の公立学校の成績表を見たことがありますか?公立学校の生徒の半数が習熟している教科はありません。
アメリカの12年生のうち、数学に習熟しているのはわずか24%。読解力に長けているのは3分の1。また、アメリカの歴史を理解しているのは12%に過ぎません。これでは、アメリカが深刻な問題を抱えているのも無理はありません。
悲惨な成績表は今に始まったことではありません。公立学校は何十年もの間、アメリカの若者を失望させてきました。しかし、次の世代の教育を怠っているだけではありません。公立学校は、有害なイデオロギーで生徒を組織的に洗脳しているのです。公立学校は、反アメリカ的で、道徳的でなく社会主義的な考えを持つ大人をどんどん生み出してきました。

学業不振

不吉で不必要な違憲の連邦教育省が設立された1970年代後半から今日に至るまで、学業成績は分野を問わず底をついています。アメリカ合衆国教育省が実施している全国学力調査(NAEP)の結果によると、「国民の成績表」とも呼ばれるように、4年生、8年生、12年生の子どもたちのうち、読解力が「十分にある」のは約3分の1にすぎません。12年生の「上級」はわずか6%。さらに、3分の1以上が「基礎以下」、つまり機能的に読み書きができない状態です。
ACTの標準化テストの結果によると、大学進学を控えた学生の成績は、このテストの歴史の中で最も悪いものとなっています。SATのスコアは試験開始以来ずっと低下し続けており、建築家はスコアの低下を隠すために数年ごとに「再センター化」を余儀なくされています。すべての指標において、アメリカの子どもたちの成績は悪化しており、その傾向はスパイラル状に下降しています。

税金を使った社会再構築

最近の世論調査によると、ミレニアル世代の3人に1人は共産主義を支持しており、70%もの人が社会主義者の候補者に投票する可能性が高いと言われています。2020年には、何千人もの若者がプロパガンダを受け、武器を持たされて自分の国に立ち向かい、街を燃やし略奪し破壊しようとしました。ドナルド・トランプ大統領がラシュモア山での独立記念日の演説で指摘したように、落ち着きのない若者たちの多くの考え方には、公的な教化が大きな役割を果たしたことは間違いありません。
連邦政府は現在、皮肉にも反人種主義を口実に、人種差別を教えるよう学校に働きかけています。それに伴い、批判的人種理論は全米の学校を、白人とマイノリティ富裕層と貧困層「異性愛者」と「ゲイ」やトランスジェンダーを対立させる、あからさまなマルクス主義者の対立の場に変えようとしています。ジョー・バイデン大統領は、批判的人種理論を授業に取り入れる新たな方法を模索する公立学校に、数十億ドルの資金援助を約束しました。教育省のミゲル・カルドナ長官は、現在のカリキュラムプログラムを批判的人種理論のイニシアティブで上書きするための支持を集めています。
また、公教育は生徒を性的に変質させることに貢献してきました。このようなことは何十年も前から行われてきましたが、同性愛や性別の混乱を正常化するだけではなく、変態化が進んでいます。一部の公立学校では、「トランスジェンダー」の思想を教え、幼い子供たちが「自分と同じ性別」に移行するという名目で身体を切除することを支援しています。アメリカの多くの学校では、女性の格好をした男性が子供たちに本を読み聞かせる「ドラァグ・クイーン・ストーリー・アワー」が行われています。
これが公立学校で起きていることなのです。そして、それはさらに悪化しようとしています。アメリカの公立学校のリセットは、海岸から海岸まで、そして幼稚園から高校まで、眠気や気疲れ、COVIDに悩まされている家族に、全力で解き放たれようとしています。この学校は、古典的な教育や聖典からではなく、イデオロギーに駆られた大学の教育学部や、社会正義に酔いしれた終身雇用の教育者や管理者たちから教育のヒントを得ています。

それは無能なのか?それとももっと悪いもの?

多くの人は、今回の悲惨な結果は公教育制度の不備による意図しない結果であり、壊れた部分を直せばすべてが解決すると考えています。このような考えから、善意の関係者は長年にわたって公立学校の修復に努めてきました。教育委員会の委員を務めたり、学区内の会議に熱心に出席したり、校舎内の管理人にまで懸念を伝えたり、特定のカリキュラムに対して抗議や嘆願を行ったりしてきました。複数の州では、批判的人種理論を禁止する動きもあります。しかし、目撃者によると、いまだに教えられているそうです。
公教育を改革しようとする誠実な努力にもかかわらず、公教育は悪化し続けています。学業成績は下降の一途をたどる一方で、「教育」の社会的再構築の側面は急激に上昇しています。全国的に見ても、教育省は教育課程の管理を強化し続けています。ほんの数年前には、「共通学力」によって連邦政府による教育統制が大幅に強化されました。
実は、公教育はその目的通りに機能しています。公教育の父であるホレス・マンとジョン・デューイは、アメリカに国費による普遍的な教育が存在する以前、私立学校ホームスクールのおかげでアメリカ人が世界で最も教育を受けていた時代に、中央集権的で政府が管理する反キリスト教的な公教育機関が社会に普遍的な変化をもたらすことを構想していました。今日、全米の学区では、教師、管理者、監督者が、公教育の創始者たちと同じ使命感を持って、自分たちがされたのと同じように、非アメリカ的で非道徳的な世代の大人たちを洗脳して育てています。
アメリカは、人類史上最高の教育を受けた社会、つまり道徳的で知的な超大国であったのが、物知らずで無知、そしてますます不道徳な国家となり、破滅の危機に瀕しています。しかし、それは偶然の産物ではありません。それどころか、すべては意図的に計画されたものだったのです。この驚くべき変化は、教育を掌握し、それを武器にすることでもたらされた。
公立学校は、自分たちが作られた目的を果たしています。アメリカニズムと、この国を築いた宗教的信仰の価値観を破壊しているのです。アメリカが生き残る可能性があるならば、市民は政府の教育機関を装った洗脳キャンプを「救う」という希望を完全に捨てなければならない。公立学校を改革することはできません。
教育問題は他のすべての問題を超越しています。公教育の悲惨な結果を無力化することが、自由で主権のあるアメリカを回復し、維持する鍵となります。
この行動計画は、アメリカの子どもたちと未来を取り戻すための3つの大きなステップに焦点を当てています。
● 子供たちを公立学校から連れ出す
● 信仰の指導者たちに、公教育に反対する結束力のある十字軍を結成するよう促す
● すべての州と地方の公立学校プログラムの資金を削減し、連邦教育省を廃止

感想

日本の公立学校への批判は新自由主義的な立場から、「自由な競争」を名目としたものとなっていますが、アメリカの公立学校批判の一つは、そういったものではないことが解ります。より宗教色の強い、キリスト教的なものであると思います。私たちはこれを同一視すべきではないでしょう。公立学校から子供たちを連れ出さなければならないと考えているほどに子供たちの教育が追いつめられた状況にあると彼らが認識していることが伺えます。

アメリカの保守派の一翼を担うジョン・バーチ協会の教育論の側面がよく見える記事だと思います。

関連記事

最後に

最後までお付き合いいただきありがとうございました。もし記事を読んで面白かったなと思った方はスキをクリックしていただけますと励みになります。

今度も引き続き読んでみたいなと感じましたらフォローも是非お願いします。何かご感想・ご要望などありましたら気軽にコメントお願いいたします。

Twitterの方も興味がありましたら覗いてみてください。

今回はここまでになります。それではまたのご訪問をお待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
情報局815
歴史を検証しながら、現代日本のあるべき方向性について議論していきたいと思います。