SDGs時代の水浄化システム。

画像1 微生物で水浄化システム。まさにSDGs時代の特許技術。
画像2 水の節約。
画像3 溜まった水を循環。
画像4 上水や下水が要らない。
画像5 自然親和的な微生物による完全浄化。
画像6 特許技術。
画像7 DUCOBALLに嫌気性・好気性反応を起こす微生物を利用した環境に野菜い技術。
画像8 そのメカニズム。
画像9 水浄化システム。
画像10 段階別に浄化を進めて魚が泳げる水に浄化。
画像11 まさにSDGs時代の最先端技術。
画像12 島と海岸地域の水浄化プロジェクト。
画像13 膨大な上水や下水の工事が要らない。
画像14 実例。
画像15 安全・安心、節約、自然親和的な技術。
画像16 管理費用も節約。
画像17 紛らわしい化学薬品など一切要らない。
画像18 登山路などの辺境なトイレには最適。
画像19 デザイン性にも優れている。
画像20 信頼の特許や受賞歴。
画像21 微生物浄化関連の特許。
画像22 特許や認証。
画像23 様々な環境関連の受賞歴。
画像24 国家予算をどれほど減らせるか?
画像25 SDGs的技術。
画像26 地球を救おう‼
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
飯島俊雅の略歴:東京大学大学院 社会学 博士課程修了、社会学講師をしながら創業、日本初のオンライン教育とフィリピン英会話を確立、株式会社eienは世界5カ国に15の子会社を持つエイエングループと成長、会長兼CEOを歴任、芦屋大学客員教授歴任、シェパード大学の副総長などを歴任。