マーケティングについて学ぶ③

セグメンテーション
 市場を同質のニーズを持っていると考えて差し支えないグループに分けること。

なぜセグメンテーションが必要なのか?
 マーケティングの対象となる顧客をより正確に分析できる。自社にとって最も魅力的かつ他社に対する優位性を築ける市場セグメントを特定し、限られた広告費を効率的に投下することで広告効果を最大化することができる。
端的にいうと、最小コストで最大の利益を得られるから。すべてのニーズを満たそうとすると平均的なものに近づくため、セグメンテーションによって効果的に利益を上げられる。

セグメント分類に用いる切り口

・地理的変数(ジオグラフィック変数)
 国・地域・都市の規模、経済成長・進展度、人口、気候、文化・生活習慣、宗教、政策などの要素で分類する。

・人口動態変数(デモグラフィック変数)
 年齢、性別、職業、所得、学歴、家族構成などの要素で分類。

・心理的変数(サイコグラフィック変数)
 価値観、趣向、ライフスタイル、心理的特徴などの感性の分野に強く結びつく要素で分類するもの。

・行動変数(ビヘイビア変数)
 曜日・時間、購買の状況、経路、頻度などの顧客が実際に購入した要素で分類するもの。

セグメンテーションが正しくなされているかを検証するにはどうすればいいのか?
→セグメンテーションの有効性を4つの項目で検証する。

1.Rank(優先順位):各顧客層を重要度でランク付けできるか。

2.Realistic(有効規模):そのセグメントは売上や利益が確保できる規模か。

3.Response(測定可能性):そのセグメントの顧客の反応を測定・分析できるか。

4.Reach(到達可能性):そのセグメントの顧客に効果的に到達できるか。サービスや商品を届けられるか。

ターゲティング
 どのセグメントで勝負するか決めること。

なぜターゲティングが必要なのか?
 セグメントの特性に応じて最適な戦略を策定するため。生活者とブランドの両者の利益を最大化するため。

ターゲティングを行うことによって、なぜそのセグメントに選定したのか根拠を示すことができる。

ポジショニング
 顧客にとって購入するに値する価値を有していることを理解させるためにとる立ち位置。他とは違う魅力を持つ商品ということを表明し、顧客に認識してもらうこと。その会社、製品ならではの価値を顧客に認知してもらうこと。

・STP分析
 どの市場を狙い、どのような立ち位置でアピールしていくか、最も効果的な手段を決定するために重要なプロセス。

Segmentation:ニーズに注目してグループに括る。

Targetting:最も魅力的なグループを見つける。

Positioning:競合より魅力的に言える打ち出し方を考える。

STP分析の前提
 一つの商品やサービスですべての顧客のニーズを満たすことはできない。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
9
感じたことや、考えたことをひたすら綴っていくブログ。よくわからんけど、よくわからないことをよく考えます。大学ではブリ、マダイ、ヒラメ、クルマエビ、ニジマスを扱っていました。今後はサーモンの養殖をします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。