見出し画像

Scǎi × OPEN NAKAMEGURO

▼ ON THE / CUP
カフェで提供されるカップに貼られるステッカーをキャンバスとして、
アーティストやクリエイターがその場のコンセプトを紐解き、
それぞれの視点で " 表現 " を落とし込むコラボレーション企画。

▼ " OPEN "という言葉にどんなイメージがありますか?
パッと思いついたのは、“ひらけた場所“、”誰にでも開かれている“というイメージでした。

▼ " OPEN "というお題で製作いただいた今回の作品イメージは?
“ファッションは誰にでもOPENである“というテーマで製作しました。
私がディレクターを務めるScǎi tokyo(サイ トーキョー)は、“好きな色を、好きなファッションを思いきり楽しもう“をコンセプトにしております。
そんなScǎi tokyoの服を各々のスタイルで着こなした女の子たちを描き、
思いっきり好きなファッションを楽もう、ファッションはボーダーレスであるということを表現しました。

Scǎi 〔サイ〕

名称未設定-212

「今着たい"色"を、思いっきり楽しめ。」をコンセプトにしたブランド。 年齢や人の目が気になって好きな色が着れない人、そしてもちろん色のあるファッションが好きな人まで あなたが今着たい色、挑戦してみたい色が見つけられるブランドを目指しています。 私たちの創る色が、あなたの毎日に彩りを与えられますように。
instagram
POPAP

OPEN NAKAMEGURO

iOS の画像 (1) (2)

OPEN NAKAMEGUROのコンセプトは[開かれた場所]
中目黒という街にも、そしてこの場を活用して表現をしたい人にとっても、開かれた場所をつくりたいという思いから誕生しました。
instagram
WEB

HYPHEN TOKYO ができることは、表現の場をつくること。
その小さなキャンバスを通して描かれる、
目には見えない " 場の輪郭 " を是非お楽しみください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
" 表現の場 "として、街のコーヒースタンドを舞台にヒト-モノ-コトを繋ぐ。HYPHEN TOKYOの公式note。