見出し画像

初めて買った北欧ヴィンテージ食器のハナシ 前編

こんばんは!HYGGEのイザワです。やっぱり初めて買った、気に入ったもののことは心に残っているもので、いつ、どこでどんな風だったかを、結構細かく覚えてたりします。私の場合はコペンハーゲンのヴィンテージショップでの事でした。今夜はその話についいてです。

フィンランドでの幸運な出会い

話は遡り、私が昔バックパッカーだったころ。ヨーロッパ周遊中のフィンランドにて面白い出会いがありました。スウェーデンからフィンランドへ行くのに、船を利用して一晩かけて移動する際、ローコストチケットだったので部屋はなく、その辺に雑魚寝するしかありませんでした。その時他に雑魚寝していたのがポルトガル人3人組の青年たちでした。

最初は少し離れるから、荷物を見てて欲しいと彼らに頼まれたのですが、そこから少し話をしたり、彼らはとにかく親切で、お菓子を分けてくれたり、一人旅の私が寂しくないように声をかけてくれたり、朝雑魚寝から起きたら、彼らが私にブランケットをかけてくれていました。(クーラーがガンガンに効いていて、船内はとても寒かった)

別れを惜しみつつ船を降り、私は予約していた宿に向かいます。するとその宿でもまた彼らに偶然会うのです。夜ごはん一緒に食べようと誘ってくれて、私は嬉しくて。みんなでスーパーに行って食材を買って、彼らがずんどう鍋で大量のポモドーロを作ってくれました。あの時の風景は写真のように脳内に記憶されています。その時となりのテーブルに座っていたのがMちゃんでした。

ヴィンテージ好きのMちゃん

Mちゃんは日本からきて年も近くて同じ一人旅、との事もあって私たちはすっかり意気投合するのです。彼女はマリメッコのヴィンテージのバックを下げて、iitallaのkiviのキャンドルホルダーを、蚤の市で手に入れた事を喜んでいました。きらきらのMちゃんに、長旅ですっかりボロボロの私が一緒ですこし恥ずかしかったけど、一緒にいるのが楽しくて、その翌日船でエストニアまで一緒に行きました。とってもかわいくて賢くておしゃべりなMちゃんのお陰で、なんと楽しい時間を過ごす事ができました。

それから数年後

Mちゃんとは日本に帰国して一度ごはんは食べに行ったけど、お互い住んでいるところが遠いのでなかなか会う事はできず、Facebookでなんとなく繋がっていました。そして私がデンマークの学校に通うタイミングと、Mちゃんがフィンランドに旅行するタイミングが重なり、なんとデンマークまで寄ってくれる事になったのです。

私のいる寮にはゲストルームがあるので、そこで二人で数日お泊りをしました。学校のイベントにも一緒に参加して、これまた楽しい時間。その時コペンハーゲンの蚤の市で、「いいおじさんと知り合った?!いっしょにおじさんの店に行こう」と誘ってくれたのです。そこで紙切れに書かれた住所片手に、二人でそこに行く事になりました。

夢の国

たどり着いたヴィンテージショップは少し薄暗いけど、そこらじゅうにヴィンテージの食器が飾ってあって、宝島を探検しているような感覚でした。「すきなだけ見ていいよ」と優しいおじさん。私たちは言葉通りあーでもないこーでもないとお店をくまなく探検するのです。


実際にどんなものを選んだかは次回とします。前置きの話が長くなってすみません。。読んでくださりありがとうございました!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
日々の生活が楽しくなるような北欧ヴィンテージ食器のonline shopです!珍しいものから定番アイテムまで長くご愛用いただけるものをセレクトしてます。 小さい子を持つ母でマイペース運営ですが、お店や商品の事、北欧やインテリアときどき雑談。発信していきます!