実践、超護身術 第三十一回 直接護身のリスク02
見出し画像

実践、超護身術 第三十一回 直接護身のリスク02

元刑事の武術家が教える、本当に役に立つ術
実践、超護身術
第三十一回 直接護身のリスク02


文●葛西真彦

この記事は有料です。

刑事と民事では判断が違う!?

前回は、「強姦目的で家屋の鍵や窓を壊して侵入してきた者がいたため、鈍器で徹底的に殴打して動けないまで打ちのめしてしまった」というケースではどうでしょう? というところでした。

この場合は攻撃した者がかよわき女性であり、そうしなければどうなっていたか分からない、相手は自宅を破壊してまで侵入してきて悪質性が高い、かつ凶悪事件を敢行しようとした等々の理由から、女性の行動は正当防衛が成立する可能性が高くなります。

ですから状況によっては、相手を一方的に攻撃してもそれを以て被疑者にされるというわけではありません。

この続きをみるには

この続き: 4,218文字 / 画像3枚

実践、超護身術 第三十一回 直接護身のリスク02

コ2 [kotsu] note分室

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつも「スキ!」をしていただきありがとうございます!
ここでは、日貿出版社が運営する、武術と身体のコツまとめ、WEBマガジンコ2【kotsu】のコンテンツを有料で公開しています。詳しくは本室・コ2【kotsu】WEBサイト(http://www.ko2.tokyo/)でご覧ください。写真はコ2note分室室長のチョークディです。