急増した名刺??
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

急増した名刺??

hoshiiii.ai | official

名刺管理サービスSanSanに登録された名刺を分析したところ、「D2C」、「SDGs」、「DX」というキーワードが急増していたとの事です。

特にD2Cは直近2年間で5倍に増えたとのこと。

D2Cとは、
ダイレクト•ツー•コンシューマーの略称であり、生産した商品を小売店舗や他社のECを一切経由せずに直接販売する事です。

近年のコロナ禍の影響もあり、オンラインショッピングがより一層当たり前になってきており、小売店舗に商品を置かないで自社のSNS/EC上で販売する企業が増えています。

また、SNSを活用したオンラインショッピングはZ世代やミレニアル世代を中心にして利用が進んできており、他社のECを利用するよりも自社SNSで販売するほうが効果があると判断されたのでしょう。

ただ、理由はこれだけではないですね😀

他社を一切介さないメリットとして、消費者の声が直接聞けるというメリットが最大な気がしています。

これにより、商品をダイナミックに改良してより一層顧客が求めるサービスを提供していく事ができます。

営業も同じです。

今まで、リアル対面で顧客のニーズが把握できましたね。

ただしこれからは、オンライン上で顧客の真のニーズを把握していく必要があります。

そこで、自社が直接的に顧客とやり取りするD2Cが急増しているのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!ひゃあああああああああああ
hoshiiii.ai | official
ググっても出てこない国内外の先端ITテクノロジ(AI/IoT/ビッグデータ)とその社会実装ついて発信します