マガジンのカバー画像

笹岡隆甫 花の道しるべ from 京都

37
華道家元・笹岡隆甫氏による連載コラム。花にまつわる絵画や伝統芸能などの文化・歴史的背景を探り、さらなる花の魅力をお伝えします。
運営しているクリエイター

記事一覧

【伊勢志摩サミット】いけばなを通して日本の風景を伝える|笹岡隆甫 花の道しるべ fr…

サミット史上初、“会議室”にいけばな2016年5月、G7伊勢志摩サミットの会場装花を担当した。…

62

艶やかな春の花と調和する建築空間とは|笹岡隆甫 花の道しるべ from 京都

今年も、いけばな展の季節がやってきた。関西では、大丸京都店で「華道京展」(29流派)、大阪…

68

華と料理の競演で命の移ろいを表現|笹岡隆甫 花の道しるべ from 京都

桜の季節が近づくと、なぜかソワソワする。花も鳥も虫や獣たちも、長い冬を乗り越えて、春の太…

69

【壬生寺節分会】山伏衆はなぜ五色の弓矢を射るのか|花の道しるべ from 京都

立春の前日にあたる節分。寺院では「節分会」、神社では「節分祭」が催行される。京都に住んで…

73

[初いけ式]主役は雪の重みにしなやかに耐え、まっすぐ伸びる竹|花の道しるべ from …

流派の1年は、1月第2日曜日の「初いけ式」から始まる。祖父の時代から京都市内のホテルで開催…

69

モミジがつなぐ、京の料理と文化|花の道しるべ from 京都

昨年12月、京料理のイベントが開催された。「京料理」が国の登録無形文化財に登録されたのを記…

120

つるバラに合う、五線譜に散らばる音符のような赤い実|花の道しるべ from 京都

Barry McGee、杉本博司、塩田千春、荒木経惟、井田幸昌…。現代アートの第一線で活躍するアーティストたちの作品が迎えてくれる。ジュニアスイートに何気なく置かれたデスクは、倉俣史朗の「TSUKUBA」。細部にまでこだわりが見られる。 京都市の中心部、西洞院通に面した「node hotel」。“アートコレクターの住まい”をコンセプトにしたホテルで、暮らしの中でアートを身近に感じられる。設計は、友人の竹内誠一郎くん。安藤忠雄氏の下で学んだ若手建築家だ。コンクリート打ちっ放し

【京都の節分】柊を飾り、鬼門の寺社でお参り|花の道しるべ from 京都

「福は内、鬼は外」。わが家は一合枡に盛った豆を撒いているが、紙で包んで撒けば、掃除も楽で…

朝ドラ『らんまん』で、華道家にとって印象的だった花|花の道しるべ from 京都

文化庁の京都移転を花で彩るこの秋、文化庁京都移転を記念した事業が、京都府内各地で開催され…

49

日本人の心を揺さぶる“朽ちの美”|花の道しるべ from 京都

水落ちして変色した蓮の枯れ葉には、独特の存在感がある。金属製の舟形花器に枯れ葉を立ち上げ…

35

白洲正子も愛した“山国の火祭”、左京の松上げ|花の道しるべ from 京都

私の曽祖父にあたる笹岡竹甫は、1919年に京都で創流し、上京区、今出川通智恵光院に家元を構え…

38

祇園祭ならではの“京のしきたり”|花の道しるべ from 京都

7月の京都は、祇園祭一色となる。八坂神社の祭礼である祇園祭は、7月1日から31日まで一ヶ月間…

77

フィレンツェと京都をつなぐエンジュの木|花の道しるべ from 京都

 家元のすぐ近くに、東西に伸びる御蔭通という道がある。東へ向かうと滋賀県に抜ける山中越え…

34

青いもみじはありえない? 新緑の頃に考える、青楓の‟引き算の美”|花の道しるべ from 京都

 3月から4月にかけて、毎日のように桜をいけた。寒緋桜からはじまって、陽光桜、本桜、八重桜と、日々、3~4mの桜の枝と格闘した。4月には、築地本願寺本堂で東京支部展、そして、MBSちゃやまちプラザ(毎日放送本社)で大阪支部展を開催した。いずれも5年ぶり。毎年のように企画しては中止を繰り返しており、念願の開催実現だった。多くの方に、いけばなを愛でていただくことができたのは、華道家冥利に尽きる。  そして、新緑の季節がやってきた。華道家にとっては、怒涛の日々が一段落し、一息つけ