工作ちりとりの作り方(中級編)
見出し画像

工作ちりとりの作り方(中級編)

フクシマアズサ(B面)

数年前、手に入れやすい材料で、誰でも手加工で作ることができるちりとりを設計しました。
軽量、安価。とある工夫を加えているので、プラスチックちりとりのように入り口が反ることなく、ストレスフリーに使えるのが売りです。

せっかく簡単に作ることができるので、この機会に作り方を公開することにしました。

自分で作れば愛着が沸くし、万が一壊れても修理ができる。
これこそ自作の道具の醍醐味。

作り方の一部は、あえて曖昧に書いています。
それは、作り手それぞれの工夫する楽しみを奪わないためです。
長さを変えたり、アレンジしたり。頭に思い浮かぶ「こうしたらもっと良くなるのでは!」という発想をどんどん組み込んで、自身にとって最適解のちりとりを見つけてみてください!

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像16

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

完成品はこんな感じです。

画像15

画像16

アルミ板の大きさ次第で色んなサイズになります。

画像17

うちで使っている5年選手。
年季が入るのもなかなかいいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
フクシマアズサ(B面)
農作業やものづくりをやる中で見つけたことを描いていきたいと思います。 普段はほうき屋をやっています⇒https://hoki-fukushima.net/