見出し画像

【4ー1限目】保険会社と保険代理店の違いってなに?

ざっくり言うと、

保険会社は「保険商品を作って、おカネとリスクを引き受けて、保険事故があったら保険金を支払う」という役割。
「メーカー」と例えることもあるよ。

保険代理店は「保険会社の商品を販売するよ」って役割。

画像1


保険に入る方法はいくつかあって、保険代理店はそのうちの1つやで。

ところで、
保険ってどこで入れるんだろう?

・・・大きく分けると4つあるよ。

①直扱い

保険会社直属の社員さん。
「生命保険会社のセールスレディさん」や「外資系生保のライフプランナーさん」や「損害保険会社の代理店研修生さん」もこれ。

②通信販売・ネット

「CMやチラシを見て、電話して、申込み」とか「ネット完結」とか。

③ブローカー

「仲立人(なかだちにん)」ともいう。
「保険会社のために売る」「手数料の良い商品を売る」のではなく、顧客の立場で契約を手伝う役割。
ただ、日本では一般的に普及していなくて、事業の特殊なリスクの保険設計をすることが多いよ。

④代理店

保険代理店って色んな種類があるよ~

ってことを次の講座で説明するね^^

【4ー2限目】不動産屋も銀行も保険会社も保険代理店!?

をお楽しみに~


◆今後予定しているコンテンツ&講座のコンセプトはこちら

率直な感想もらえると嬉しいです!
1