子育てでイライラしないために

子育てはなにかとイライラが多いもの。
でも、本当にそうかなと考えてみる。

確かに、子育ての中でイライラしてしまうことはある。
けれども、それらの少なからずは、子育てそのものが生み出す必然性のあるイライラではなくて、バイアスのかかった価値観や先入観がいつの間にか増幅してしまったイライラだ。

あらかじめ、その原因に気がついておくことで、このイライラは避けられる。
できたら、子育てのイライラが大きくなってしまう前に知っておく方がいい、そうすれば最初からイライラを大きくしないで子育てをしていける。
もし、すでにイライラを感じるようになってしまっている人の場合は、これを知ることでそれの解消の助けになるだろう。

日本の社会が持つ子育ての空気がかもし出すものがある。
それが、子育てしている人をイライラさせるものの正体だ。
多くの人が、それを子育てする前から先入観として持っていたり、子供を持つとある種のプレッシャーとしてひしひしと受けることになる。

このプレッシャーを、日本の子育てを取り巻く空気から一朝一夕になくすことはできないだろう。だが、子育ての当事者が「ああ、それがあるから私はこんなにイライラしてしまうのだ」と理解できれば、このイライラに追いかけ回されて十年、二十年と続く子育てをしなくてすむだろう。

では、そのイライラを大きくしてしまうモノの正体とは。


続きをみるには

残り 4,935字

¥ 350

保育士おとーちゃんこと須賀義一です。 保育や子育てについて考えたことを書いています。