子育ての究極奥義

すごくオーバーなようだけど、僕は子育ての要諦はこれなのだろうなということを掴んでいる。
別に、それは「これを知らないとあなたの子育てはうまくいきませんよ」というような誇大広告めいた、脅しに使うような意味で言っているのではない。

どんなものごとでもおそらくそうなのだろうが、あることを達成するのに必要なことは、実はシンプルななんでもないようなことだったりする。
たぐいまれな才能や能力よりも、当たり前とされることを地道にやった人が名人と呼ばれる職人になるというような。

講演の時など「子育ての究極奥義」とまあ、印象づけるためにキャッチーないい方をしているが、この話はそんなようなことだ。

おそらく、これを聴いたとしても必ずしもそれを皆が皆できるわけではないだろう。僕自身も、スタンスとしてはそれは持てていても、行動面も必ずしも100%できているというわけでもない。でも、知っておくことは無駄ではないだろう。

本文の中でも触れるが、このことはもしかしたら子供の人生の一大事といったところで役に立つ場合もあるかもしれない。

では、子育ての究極奥義とはなんなのだろう。

◆無条件の肯定

それは、

この続きをみるには

この続き: 6,897文字

子育ての究極奥義

保育士おとーちゃん

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

保育士おとーちゃんこと須賀義一です。 子育てについての情報を発信しています。

ありがとうございます。ムリのない子育てが広まりますように
54
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。