見出し画像

海老の白煮 〜 腰が曲がるまでの物語

the utagaki on 02/01/1994

その年の新年会は馴染みの焼き鳥屋さんではじまり、二次会はそのままスナックに流れた。
当時の二次会はカラオケが必須で、ステージで歌い、盛り上がってくるとデュエットのリクエストが入り出した。

盛り上がってきた頃、男性は曲名を紙に書き、マスターに渡した。

曲は男性が唯一歌えるデュエット曲。
そして、その曲を歌える女性は数少なく、必ずといっていいほど間違えるフレーズも存在した。

マスターから曲が告げられた。

まず、男性がステージに上がると、
すこし遅れてひとりの女性がステージにあがった。

曲がはじまり、二人は歌いはじめた。
そして、曲が進み、問題のフレーズが近づいてきた......

# 償いの日々 # 作詞・作曲:呉田軽穂
# 歌:財津和夫with原みどり

そうして二人は出会った曲と縁がある、
西通りのHebeという喫茶店で待ち合わせをするようになった。
# 西通り # Hebe

the utagaki on 02/01/1994                      それは腰が曲がるまでの物語のはじまりの日である。

20.海老の煮つけ

# 御節料理 # 海老の白煮 # だし醤油 # 肥前佐嘉角屋
# 無名窯 # 福田忠夫

歌垣

その地方には「歌垣」という風習があった。
それは男女が歌を掛け合い、対になり恋愛関係になるという古代のロマン...

# 佐賀県杵島郡白石町
# 歌垣山 # 肥前杵島岳 # 日本三大歌垣

*この物語はノンフィクションです

★「海老の白煮」:角屋のごはんレシピはこちら↓

★「だし醤油」:使用した肥前佐嘉角屋の商品のご紹介



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。嬉しいです。
17
肥前佐嘉角屋の日記。主に味噌醤油屋女将の旦那の「食の記憶」。父から受け継いだもの、食文化、佐賀のこと、思い出などなど 。女将のレシピはこちら → http://hizensaga-sumiya.jp/recipebook/