書評_開かない扉はない_自分の未来は自分で創れる__そういえば_いつも目の前のことだけやってきた_頑張るあなたが人生を楽しむ54の方法_
HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog
画像1

書評_開かない扉はない_自分の未来は自分で創れる__そういえば_いつも目の前のことだけやってきた_頑張るあなたが人生を楽しむ54の方法_

【書評】開かない扉はない。自分の未来は自分で創れる。『そういえば、いつも目の前のことだけやってきた〜頑張るあなたが人生を楽しむ54の方法〜』
00:00 | 00:30
著者が、短大卒業後に入社した企業はフジテレビ。誰もが想像する華やかな世界とは裏腹に著者に与えられた仕事は、お茶汲みやコピー取り、伝票整理などのいわゆる事務職。当時女性は、25歳定年制というルールがあり、採用の条件は、「25歳で辞める」と約束することだったという。そのため、やりがいを求めてバリバリ働く意識の高いやる気のある女性は全く求められていなかったそうだ。

そのような環境におかれた著者自身は、もともと仕事に対してキャリア志向や野心もなかったため期待や見返りを求めず、また、男性社会で戦うのではなく、常に目の前のことに一生懸命に取り組み、好き嫌いで判断せず仕事の中にも自分なりの楽しさを見出し、人が喜んでくれることを嬉しく思っていたそうだ。そのような心構えの著者には当然、想像もしていなかったような仕事が舞い込んできたり、著者をサポートしてくれる人たちも増え、事務職から編集長に、また、フジサンケイグループ初の女性役員に就任することとなった。

本書には、著者が仕事で学んだコミュニケーション、人生の波に上手く乗るための武器、人から信頼を得るための基本など、仕事はもちろん、人生においての多くの学びが詰まっている。そして、著者は現在、出版プロデュースはもちろんのこと、人間力を育むおしず塾や著者の自宅に招かれたような優雅で素敵な雰囲気の中で学べる銀座百年大学での大人気講座など多方面でさらなる活躍をしている。

前例のないことにも果敢に挑戦し、仕事も結婚も子育てもやりたいことはなんでも諦めない。そんな著者の素顔が垣間見れる一冊である。



そういえば、いつも目の前のことだけやってきた
作者:平田 静子
マガジンハウス
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
HIU公式書評ブログ@hiusyohyoublog
HIU公式の書評ブログです。HIUメンバーが面白いと感じた本の書評を毎日upしています。