見出し画像

よこべー通信 138通目 2020年1月号

新しい年初めの通信。今年もよろしくお願いします。
初詣でのおみくじは吉でした。
なんとなくちょうど良いかなーと。大吉だとなんだか嘘っぽいし凶だとやっぱり嫌なので。
--------------------------------------------
目次
1. 先月の新曲への感想
2. 今月の新曲「雨一番」
3. エッセイichi「2月3月のLIVE」
4. エッセイni「サブスクリプションサービス開始」
5. エッセイsan「ジャネーの法則」
6. エッセイyon「無音」
7. 羊子LIVE
8. 羊子のアンテナ
9. 秋山羊子のアルバム購入方法
10. 羊子へのメッセージ
--------------------------------------------
1. 先月の新曲への感想
先月の新曲「とむらい」は私の中でまだ未消化な曲だったせいか感想にばらつきがあり興味深い結果になりました。そんな中お一人紹介させてもらいます。
noteでコメントを下さった短歌のような美しい文のムラサキさんの感想です。

「「死」とは死ぬる一瞬間の事でなく、死ぬる事を自覚した時より死は始まり、死ぬる事を受容して、弔いがあって死は完了致します。
「悼む」「弔う」良い言葉です。納得できぬ死もあろうかと思いますが、それを受け止め弔わなければ前に進めません。優しく強く、良い歌詞です。秋山さんの透明感のある唄声、ピアノ、子守歌のような曲調も似合っております。慄っとする美しさです。拙いながらも雑駁な感想でございました。」

ありがとうございます!
--------------------------------------------
2. 今月の新曲「雨一番」
雨一番とは北海道の春の訪れを表す言葉です。
ちょっと馴染みがない言葉かもしれません。
実は蒼井優さんの結婚の会見の言葉からヒントをもらいました。
どんな風に感じるかとても知りたいです。感想待ってます。

https://youtu.be/73wADvjvjMQ
(雨一番)
--------------------------------------------
3. エッセイichi「2月3月のLIVE」
2月のライヴは新高円寺スタックスフレッドの一本。2月23日の日曜日。
この日は3組出演の日。対バンLIVEの時はいつも以上に選曲に悩みます。
基本はいま私が歌いたい歌なのでじっくり悩むもうと思っています。

そして3月にはフルート奏者の伊藤麻子さんとツーマンライヴをします。3月22日の日曜日。
伊藤麻子さんとはもうかれこれ知り合って20年近く経っていて、たぶん15年ぐらい前に(調べたら2004年に)ご一緒して以来。といってもこの時は麻子さんのユニットにゲストとして参加させてもらった形でツーマンというのは初めてです。

通っている横地愛さんのピラティスのレッスンでご一緒する機会が増えて麻子さんの方からLIVEやりませんか?と誘ってくれました。
私にとってそれがすごく自然な感じで今このタイミングだろうとすんなりやる!となりました。
お互い15年の年月を経て培ったものを感じ合いながらやりたいです。かなり想いのこもった2マンになると思います。
--------------------------------------------
4. エッセイni「サブスクリプションサービス開始」
ブログでもお知らせしましたが私の音楽がサブスクリプションサービスで聴けるようになりました。
5枚のアルバムと銀河鉄道の夜の3曲入りシングル1枚の計6作品です。

サブスクリプションサービスというのは定額制のサービスのことです。SpotifyやApple Music、Amazon Musicなどいろいろあります。
わたしはときどきスポティファイを使うことがあります。

わたし自身CDを購入する機会が減ってしまっていますが、気軽に聴ける良さもあるなと思ってます。
わたしの音楽を必要としている人に届くチャンスはできるだけ広げていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
--------------------------------------------
5. エッセイsan「ジャネーの法則」
前回の前文でなぜ大人になると時間が短く感じるのかなーと書きました。
それに対して教えてくれた方がいらっしゃいました。
「ジャネーの法則」です。皆さんはご存知でしたか?

生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)と主張したものである。
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。
(Wikipediaより)

ということは、これからどんどん短く感じるようになってくるのですねー。
より1日1日味わって過ごしたいな。
--------------------------------------------
6. エッセイyon「無音」
自宅から歩いて五分ぐらいの場所に大きな病院があってそこの食堂でよく曲を考えたり、この手紙も書いている。
お昼前の早い時間は空いていてなんといってもありがたいのは食堂内が無音だということ。
そして7階で見晴らしがいい。富士山も見える。

なかなか無音の場所って世の中にありません。
逆に困る時もあります。すごく大きな声で話している人や平気で電話で話す人がいると丸聞こえなので。
この店内で平気で電話で話す人って本当に信じられない。いつもびっくりする。
その人にとって自然なことで他の誰かが店内で電話で話しても全然平気ということなんだろうか。

こういう少し公共の場っぽい場所はマナーの悪い人がときどきいて、それはしょうがないのかも知れないけど。。
--------------------------------------------
7. 秋山羊子LIVE予定

2020年2月23日(日)STAX FRED(東京・新高円寺)
出演:今野大輔、サトウリュースケ、秋山羊子

2020年3月22日(日)チェロキー ライブ タバーン(東京・学芸大学)
秋山羊子・伊藤麻子ツーマンライブ

2020年4月29日(水祝)STAX FRED(東京・新高円寺)
「ここがいい、ここが好き」vol.3 ワンマンLIVE!!

LIVE詳細はこちらからどうぞ。
http://www.hitsujilabo.com/live.html
--------------------------------------------
8. 羊子のアンテナ
音楽編
HARRY NILSSON「LOSST AND FOUNND」
友人からプレゼントされたアルバム。なんともいーい具合ののんび〜り具合が気持ちいい。こういうのんびり具合を出すのは簡単ではない。私も出せたらいいのになぁ。色んなアーティストを彷彿させられた。コステロ、奥田民生、鈴木博文などなど。

David Bowie「Space Oddity」
キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」に触発され作った曲らしいです。この映画は私も衝撃を受けた映画。なのでこの映画からこういう作品が生まれるんだーと興味深かった。最初はフォーク調でだんだんストリングなどが加わって盛り上がっていく。この盛り上がる感じは少しレディオヘッドのクリープを彷彿。

マルーン5「Memories」
亡くなった幼馴染に捧げた曲。マルーン5のわりと初期の作品が好きで聴いていた。最近のは時々耳にするもあまり感じられなかったのだけど今回の曲はベストヒットUSAの小林克也さんの解説と字幕のお陰で入ってきた。この曲はマルーン5ならではの軽さに加えて温かさもあって素敵だなと。

お店編
利休庵
伊香保温泉に行った時に有名な石段の途中にあったお店。菅井きんのような女将さんが出迎えてくれた。この人に会うために言葉を聞くために今回旅行があったのではと思うくらい印象的な女性だった。まるで見透かしたように私に子育てのノウハウを押し付けがましくなくご指導してくれた。

ルナ
伊香保温泉帰りに渋川駅で少し時間ができたので入ってみた喫茶店。印象的な店だった。グランドピアノが置いてあってBGMにクラシックが流れてる。時々クラシックのコンサートをやってるのかもしれないなという雰囲気。けっこう高齢のご夫婦と息子さんと思われる家族経営。そのせいもあってかお客さんは年配の人ばかりだった。集いの場っぽい。子どものためにドリアをセットではなく単品で頼んだのに、サラダ、スープ、アイスもサービスで付いてきた。息子用に注文した牛乳も大きなグラスに並々。とにかくサービスしたくてしょうがないんだーと言わんばかり。あったかい気持ちになるお店だった。

COFFEE CONE TOKYO
新高円寺にあるコーヒーコーンの店。コーヒーコーンというものを知らなかった。アイスクリームに使うようなコーンにコーヒーが入ってる。ありそうでなかった飲み物だなと。今回は普通にコーヒーを注文したので現物をいちど見てみたいと気になった。豆から挽いてくれたハンドドリップコーヒーはえぐみがなくいい味だった。

ブーケ
新高円寺近所に16年住んでいてずっと気になっていたのに入ったことがなかった喫茶店。ついに入った。老夫婦がやっている素敵な純喫茶だった。マスターはちゃんとネクタイをして正装していて清潔感があった。スタックスのライブ本番前にひと休みできました。
--------------------------------------------
9. 秋山羊子のアルバム購入方法
『さいごのうた』(2000円/2015年/5th)
『日々はありふれていて残酷で めちゃくちゃに愛おしくて時々ひどく退屈で でもうたいつづけていたい』(2000円/2012年/カヴァーアルバム)
『狂った手』(2000円/2011年/with梅津和時)
『ピラニアの棲む湖』(2000円/2009年/with内橋和久)
『指一本で倒されるだろう』(2000円/2006年/1st/2016年リマスタリング再発売)
ご購入方法:
1.下記メールフォーム又はメールアドレスまでアルバム名、枚数、お名前、送付先をお知らせください。
2.確認のメールを返信します。そこに代金の振込先をお知らせします。代金は銀行振込でお願いします。送料は何枚でも200円です。
3.ご入金の確認をしたら発送してメールにてお伝えします。
よろしくね。
mail@hitsujilabo.com
http://www.hitsujilabo.com/contact.html
--------------------------------------------
10. 羊子へのメッセージ
「よこベー通信」読んでくださってどうもありがとう。感想もらえるとうれしいです。メールアドレスの変更なども送ってくださいね。
メール:
mail@hitsujilabo.com
http://www.hitsujilabo.com/contact.html
--------------------------------------------
「よこべー通信 138通目」制作・編集:秋山羊子/HITSUJI LABO

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
【秋山羊子 official note】シンガーソングライター秋山羊子のnoteです。http://www.hitsujilabo.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。