見出し画像

外から見るフォームと中から見るフォーム from Radiotalk

先日、Radiotalkを2本続けて収録しました。2本目はお風呂が沸きましたシリーズ(?!)として(笑)ゆるく始めたのですが、この回の後半、なかなか興味深いところが引き出せたかな?!と、こちらでも紹介させていただきます(*'ω'*)

とりとめなく始まっております(笑)が、54秒あたりから、、自転車トークに。菊池仁志 競輪選手 現役時代のフィッティングの話が始まります。そこから、どうやってフィッティングをするのか?という話に。以前、セルフフィッティングについて書きましたが、どのようにしてフィッティングをしているのか、書いていませんでしたΣ(゚Д゚)!!!

そういえば、走りながら、自分の自転車のフィッティングをしていました。最近は、スタジオでローラーを使用したフィッティングもします。しかし、よく見ると、時折鏡をチラ見していますが、自分の姿を見ながら確認をしているといった感じではありません。Instagramのログインが必要ですが、アカウントお持ちの方は、IGTV動画(以下のリンク)でフィッティング風景をご覧いただけます

👇 Instagram @hitc_pro 👇

外から見たフォームは要らない!?の巻

そういえば、K-FITTINGのお客様からいただく、フィッティング受講後の感想は、かっこよくなって嬉しい!といった外見についてではなく、内側から変わったもの(発揮できるパワーや筋肉の動き)について、実感&感動していただいた内容が多いです。その結果として、フィッティング後の様子を見たご家族の方や、走行会や合宿などで、走り方(フォーム)をほめてもらった、というお話を聞きます。自分では、外見の変わった様子はわからないけど、別の方からいい乗り方だね!と言っていただいたことで、わかる人にはわかるんだ…と、あらためて実感された方もいらっしゃるようです。

👇 お客様の声:VOICEもどうぞ 👇

内観で見られるようになったとき…

かっこよく乗りたい!というより、気持ちよく乗っていたら、かっこいいね!!と言われた!というのは、とても自然ですよね。かっこつけるとどこか動きが変になってしまう(それが結局ブレーキになっている)…。そんな内容もラジオトーク内でお話しています。
今ある身体で最大限力を出すこと、そのためには、自転車上でうまく身体が使えないといけません。自分の感覚をつかむまでは、フォームを見たほうがいいのだが、ある程度になった場合は、外から見た映像はいらない、選手も成長してくると、質問の内容が変わってくる、などなど…

形がかっこいいっていうものが、実際、体の動きがいいかっていうとそうではなくて、動いたものがかっこいいんですよ by 菊池仁志

っていう、、名言?!もいろいろ出てきます(*´ω`*)。

とりとめのない内容ですが、ぜひ、前半より、後半⁉に向けて、じわじわっと聴き入ってみてください♪(*´ω`*)

ありがとうございます♡
42
元競輪選手 菊池仁志の自転車道場 https://k-fitting.com/ 事務局です。日本スポーツ協会公認スポーツ指導者 自転車競技コーチ1。スクールの話題やプロスポーツとしての競輪・競輪選手の技術や能力から自転車競技に向き合うためのヒントになる話題を独自目線でお伝えします