この惑星のアセンションの窓は1975年5月25日に開き、1999年8月11日にターニングポイントを迎え、2025年7月7日に閉じる
見出し画像

この惑星のアセンションの窓は1975年5月25日に開き、1999年8月11日にターニングポイントを迎え、2025年7月7日に閉じる

ヒシャール【hishar】

画像1

「私が見た未来」を読みました。お友達にお借りして、読むことが出来ました。作者の方は、2011年3月11日の大災害の日付も夢で見られていて、2025年7月5日に大きな津波がやってくるという内容でした。しかし、大災害ではなく大災難であり、この地球は良い方向へ進むので、地球人類のために、勇気をもってみなさんに発信の役割をしていると書いてありました。

未来にまだ起きていない事なので、その情報だけでは信ぴょう性が薄いのですが、圧縮突破 COBRA情報に、2025年7月7日にアセンションの窓は閉じる。というものがあります。

圧縮突破 COBRA(コブラ)は知っていますか?

僕は、3年ほど前に知ったのですが、コードネームCOBRAのスタンスや、この地球が闇に汚染されているという情報の中身、世界同時瞑想での祈りなど、地球解放のための信頼できる情報として扱っています。詳しいアセンション・プランの情報があります。

ひとつ前の記事に、「自我(エゴ)を超越する」を書いていますが、われわれ地球人類が、いち早く、動物脳マトリックスの世界から脱却することです。自分の自我(エゴ)は、本当の自分ではないことを探究することです。ビジネススピリチュアルの情報は自我(エゴ)です。恐れさせる手口を使って、うまく騙してきます。無意識に反応してあなたの自我(エゴ)で一喜一憂しないようにしましょう。

地球の地軸のことをポールシフトと言います。知っていますか?

このポールシフトが、2025/7/5にずれることによって、大津波が起こるようです。しかし、これから更に人類の意識をあげることにより、宇宙文明に突入し宇宙人のサポートが入るのですが、その情報を受け入れられるかどうかで、あなたの見える世界は変わります。自我(エゴ)は、無意識に密かな快楽を得るために、恐れさせます。

何のために生きているのか?

何の役割をするために生かされているのか?

僕らは、【全ての人が全ての人に富を平等に分け与え】、みんなが安心して生きていける地球を創るために、いまこのタイミングで地球に生まれてきています。光の仕事人ライトワーカーなのです。

自分さえ良ければいいという自我(エゴ)と向き合い手放しましょう。自分だけを守ろうとする本能は、生存と獲得を目的とする動物脳のしわざであり、本当のあなたではありません。恐れが基盤であるため、あなたの無意識の奥底にある恐れを見ないようにするのではなく、相まみえましょう。

※「あいまみえる」は「対面すること」を丁寧に表した言葉ですが、現代では敵対する相手に対して多く使われます。「敵将とあいまみえる」や「前の試合であいまみえた相手と」のように、対立している相手やライバルに対して使いましょう。「あいまみえる」の類語は「邂逅」
「あいまみえる」の類語には「邂逅(かいこう)」が当てはまります。「邂逅」とは「思いがけず会うこと」を意味する単語です。「出会う」という点で類似しているものの、「邂逅」は偶然出会った状況でのみ使えるのに対し、「あいまみえる」は偶然の出会いへも必然的な出会いへも使われます。SNSよりコピペ ※

みんな同じ価値の命です。命は喜びです。何かが出来なくても、僕らは存在しているだけで、みんな素晴らしいのです。一人ひとりの役割と、好きな事得意な事が違います。補い合えることを人類が信頼できるかです。

あなたにできる事を喜びでやりましょう。喜びのエネルギーを世界に放出しましょう。ネガティブエネルギーを手放しましょう。

2025年7月まで、3年9か月です。そんなに時間はありません。

地球解放のために、共に喜びで発信をしていきましょう。

不必要に恐れない自分を創っていきましょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
ヒシャール【hishar】
地球上のすべての人が心から笑い合って生きられる優しい世界を創るために、youtubeやFACEBOOKなど、パワー喜び(540)の表現者として発信している世界中のステキなライトワーカーの中の一人です。三次元では、心理カウンセラーの知識を得て、地球解放のため好きな事、出来る事に集中