見出し画像

クサくても少しは許容しよう!

においには、いいにおいとイヤなニオイがあります。
最近の世の中は、いいにおいを提供し過ぎな印象があります。
イヤなニオイも、実は天然のにおいに含まれています。
世の中イヤなニオイを排除してしまって、いいにおいばかりになっています。

汗クサーい。いいじゃないですか!
下駄箱クサーい。少しくらいいいじゃないですか!
寝起き臭って言われても、人も生きているからしかたないじゃないですか!

あまり、ニオイに気をとられすぎると、自ら体のバランスを崩してしまいます。

少しのクサイは役に立つ!
持論です。

何でもクサイ、クサイという人は、大丈夫かな?と思います。
平和な世の中が永遠に続くのならいいのですが、自然災害は対策する事はできても、防ぐことができません。
いざというときに、メンタルがやられてしまう恐れがあります。

なぜなら、衛生的と言う言葉は、管理できてはじめてなり立つと思うからです。
自然災害が起きると、管理外になります。
クサイニオイがいつ発生してもおかしくない、ニオイの無法地帯となるかもしれません。

クサイニオイに日ごろから慣れている人の方が、メンタルは強いと思います。

災害があるといろんな物が腐るニオイがするはずです。不衛生な水たまりができ、クサイニオイが発生するかもしれません。
発生したクサイニオイからは逃げることはできません。あたりに生ゴミクサイニオイが充満するかもしれません。

だから必要以上のクサイという表現はあまり好きではありません。人の歴史はクサイニオイの歴史でもあります。クサイニオイに浸ってくださいとは言いませんが、クサイニオイが少しくらいあってもいいじゃないですか!

少しクサイは、何でこのニオイがするのだろう。何の役に立つのだろう?という気持ちでのぞみましょう。
もし、クサイニオイがこの世から消えたとき、人は別のニオイ問題で悩むはずです。
新しい発明があると、便利になりますがその発明によって新たな問題が起こるのと一緒。
結局、新たなニオイの問題が必ず形を変えて発生します。
最近の新たなニオイ問題は、柔軟剤のにおい問題がそれかもしれません。

いいにおいのはずが、問題になっていますよね。

クサくても、少しのクサイは許容しよう!

#エッセイ #におい #コラム #香り

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!
11
香りを創るメーカー在籍調香師。調香師視点で嗅覚を徹底分析。嗅覚、においを科学的に使い、問題解決するnote。「においのチカラは無限大∞」嗅ぎ方のトレーニング、『嗅ぎトレ』を考案しました!『嗅いで健康になろう!』はじめに→ https://bit.ly/2vXwgNA
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。