見出し画像

チャーハンを雑にデータ分析してみる

noteでチャーハン大賞の企画をやっていたので試しに初投稿。

TLDR

食べ物の成分がわかるデータセットを使って、全料理の中央値とチャーハンをExcelで雑に比較した。チャーハンはマイナーフードで栄養価は軒並み他の食品より高い。

元となるデータ

Epicuriousのレシピ、レイティング、成分のデータを使用した。EpicuriousはWikipediaによると食べ物や料理関連を扱うデジタルブランド。

データセット自体には材料データも含まれていたが今回はレーティングと成分だけで。項目はrating, calories, protein, fat, sodiumの5項目。

結果

1. rating (レーティング)

全料理の中央値: 4.375

チャーハン: 0

チャーハンって、日本料理なんですね。英語もJapanese-Style Fried Rice (Chahan)となっているし。全体4.4ある中、チャーハンは0だった。うん、単純に評価がないだけだね。決してまずいわけではない。

2. calories (カロリー)

全料理の中央値: 331

チャーハン: 1739

チャーハンたっか。5.3倍ですね。

3. protein (タンパク質)

全料理の中央値: 8

チャーハン: 101

チャーハンたっか。12.6倍

4. fat(脂質)

全料理の中央値: 17

チャーハン: 29

1.7倍。高めだけどタンパク質に比べると普通

5. sodium(ナトリウム)

全料理の中央値: 294

チャーハン: 4386

チャーハンたっか。 14.9倍

まとめてグラフ化

尺度がわかりづらかったので全料理の中央値を1として可視化。proteinとsodiumが際立っている。

所感

チャーハンは栄養価が高いが、海外では知名度の低い料理。

みんな、チャーハン食べよう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
ソフトウェア・エンジニア。スタートアップや上場企業で技術顧問をしています。

こちらでもピックアップされています

雑にデータ分析
雑にデータ分析
  • 1本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。