見出し画像

iPad アプリが落ちる場合、あれこれ試行錯誤するより返品できるなら返品した方が吉

猪股弘明

よくネット上で「iPad アプリが落ちる場合の対処法」という記事があるが、大抵以下のようなことが記載されている。

一般的な対策

1. アプリを終了し、再起動させる
2. iPad を再起動させる
3. iPadOS をアップデートする
4. アプリを消去後、再インストールする
5. アプリの開発元に問い合わせる

サイトによって若干表現が違うかもしれないが、概ね上の5つが挙げられている。正直当たり前すぎてこの程度のことは誰でもやっているだろう。
裏技要素はまるっきりない。
これはたぶんアップルがこの5つを推奨しているからだ。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201398

画像1

アップルサポートに相談しても大したことは教えてくれない

自分ができることはこれまで、となったら普通のユーザーはアップルのサポートに連絡するのではないだろうか。
でも、「不要なアプリを削除してメモリを確保して」とかといったこれまた当たり前な感じの提案をされるのみだろう。
そしてここからが本題に入ってくるのだが、場合によっては
「デバイス自体を初期化してください」
という指示が出るときもある。
はてさて、これに従うべきだろうか?

悪魔?の指示

もちろんこれに従った方がいい場合もあるだろう。もう何年も使用していて、OS レベルでアプリの管理自体がおかしくなっているというようなときだ。
その点に関しては特に何かを主張しようとは思わないのだが、
・まだ購入して1年以内で交換対象になっている場合
には、まったくこの指示は解せない。
というのは、工業製品に初期不良品はつきもので、もし仮にこのケースに当てはまる場合、初期化して工場出荷時の状態に戻したところでその直後は正常動作するかもしれないが、不具合の本質は解決されないからだ。使い込んでいくうちにまた同じ症状に悩まされる可能性は高い。そして、そうこうするうちに交換対象期間も過ぎてしまう。悪くすると待ち受けるのは「有償」修理だ。ばかばかしい。
そしてこちらの方が重要だと思うのだが、信頼性に不安のある個体を使い続けるのは精神衛生上よろしくない
冷静に考えれば、不良品の可能性があり、無償交換のチャンスが与えられているなら、その権利を行使した方がいいはずなのだが(というかそれが無償交換プログラムの意義なのだが)、パニくっているとなぜかこの発想が浮かびにくくなる。
例えが適切でないかもしれないが、婚約期間中に「適わない」、「添い遂げられる自信がない」と感じたパートナーとそのまま正式に結婚するだろうか?

交換は1回限り

ところでアップルの大抵のデバイスは交換は1回のみとなっている思う。
アップルの世界ではバツ1までは認められるがバツ2はアウトなのだ。
不良品に2度あたるというのはかなり稀だと思うので交換まで持ち込めれば通常はOKだと思うが、1回限りというのはプレッシャーではある。

返品がきくなら返品

ところで、デバイスをアップル直営店またはアップルのサイトで購入した場合、購入後2週間以内なら返品ができる。一般量販店でも交渉次第ではできると思う。
ここも冷静に考えれば、回数制限つきの「交換」をするより、再度購入するか購入しないかの権利がまるっと復活する「返品」の方が問題解決の方法としては適切だと思うのだが、テンパっていると意外にここまで頭が回らない。特に下手にサポートと連絡をとると電話対応で2週間などあっという間に過ぎてしまう。気をつけておきたい点だ。

トラブルがあった時ほど冷静に

なんか iPad の話からズレていった気もするが、要はトラブルがあった時ほど冷静に、そうすれば幸せな結婚生活を送れますよってお話でした(違)。
では、よき Apple life を!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!