新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

そろそろ始めていきたいと思っています。

コロナワクチンの接種も進み、僕が行っている学校でもどんどん普通の授業に戻っていっている今日この頃。
去年の11月に「古谷充事務所」をたたんだので、そこでやっていたレッスンなどは全てストップしていました。
いつもはスタジオで練習して、その外にあるロビーでワーワー言ってしゃべったりするのが楽しい時間でありました。
親父がやっていたボーカルスクールでも、スタジオでレクチャーの後、ロビーでいろいろしゃべったり食べたり飲んだりしてワーワー言って楽しんでいました。

画像1


今その事務所がなくなって、本当なら新しい場所に「古谷光広事務所」的なものを作るべきだと思うのですが、いろいろな事柄が重なっておりまだまだそこまで至っていないのが現実です。

昨今のオンラインによるレッスンもすごく考えました。
実際、親父が生前オンラインによるボーカルレッスンをしようと色々と機材を集めました。
志半ばで亡くなってしまいましたが、時代の最先端を使ったレッスンはとても興味を持っていました。
親父の死後、僕もオンラインで何かできないかといろいろ試行錯誤しました。
その中で1つの問題にぶち当たりました。
それは、全然関係のないところで見つかったものです。
「僕はオンラインのスキルを持っているけど、果たして生徒さんはどうなんやろうか?」
と思ったのです。
去年の持続日給付金や文化庁の助成金など、またオカンのワクチン接種の予約でさえ全てオンライン。
とても難しい作業を経て予約や登録ができる状態です。
オンラインでレッスンをするためには・・・・
1/生徒さん側でオンラインに対応できる速さのインターネット環境が揃っているか?
2/PC (もしくはスマートフォン)に目と同じアプリケーションをダウンロード(インストール)ができるか?
3/そのアプリケーションを使うに必要なアカウントを作成する手順がクリアできるか?
いつもPCやスマホを使っている若い世代の皆さんにはすぐにできることかもしれませんが、目の前で頭を抱えて悩んでいる人の顔を見てしまった時に、オンラインでのレッスンはもう少し後にしないと全員に同じような環境でレッスンしていただけないように思ってしまいました。

なので、今の時代にそぐわないかもしれませんが、レッスンを対面でする事を続けることに至りました。
時代に逆行するかもしれません。
しかし、昔からある音楽を伝えるのは空気を感じてもらうのが1番だと思っています。

それと並行して、今回2つのレッスンスタイルを考えてみました。

事務所のスタジオは、入れてせいぜい3~4人でした。
ましてやドラムセットやベースアンプギターアンプなどもなく、ただスピーカとピアノと僕が使っていた音楽制作機材が置いてあるだけでした。
なので、親父のボーカルレッスンと僕のサックスレッスン(マンツーマン)あたりは可能でした。
事務所のスタジオがなくなり自分が動く範囲がスタジオから広くなったと考えたとき、「逆に僕が出稽古にまわってもええんや。」と思うようになりました。
生徒さんには、スタジオのレンタル使用料を払ってもらうことになってしまいます(すいません・・・・)が、いつも使っているスタジオに僕が出向いてレッスンしたらどうなるかなと思いました。
今年の頭から、既に何名かの生徒さんにスタジオでのレッスンを始めていますが、スタジオの後のワ〜ワ〜する時間は少なくなりましたがいつもと変わらずレッスンができることがわかりました。
街のスタジオの広さを利用し、今までのマンツーマンの個人レッスンの他に何人かで集まってやるグループレッスンもできるかなと思いました。また自分の家に防音室があります、もしくは借りてる部屋に防音室を入れていますなど、生徒さん本人がお持ちの場合はそちらに寄せてもらってレッスンすることもできます。

画像2

マンツーマンの個人レッスンはいつも通り考えているのですが、ビックバンドのサックスセクションだけとか、1人で行くのが恥ずかしいと思っている方とかも対象にできればと思って、サックスレッスンのプランを考えてみました。
今はコロナでスタジオに多くの人が入れることが少ないのですが、将来のことも考えて、1人のマンツーマンレッスンから最大10人までのグループレッスンを考えています。
こちらのリンクからホームページにアクセスしてもらったら体験レッスンも予約もできるようになっています。

全然吹いたことない人から、音大に行きたい人まで幅広く対応できるように考えています。
僕もまだまだ発展途上の身ですが、皆さんと一緒にレッスンをする事でどんどん新しい情報や内容を提供できるよう精進していこうと思っています。


そして!
新しく考えたのは、「バンドレッスン」です。
今まで多くのバンドで活動してきたノウハウを皆さんに紹介できたらと思っております。

画像3

「いつもうまくいかない」
「何か1つ物足りないなぁ」
など、バンド内の問題を解決するお手伝いができたらと思っています。
また、ビックバンドのレッスンも同時に開講しました。
すでに高校生ビックバンドや大学生ビックバンドのレッスンをしています。
もちろん社会人のビックバンドの皆さんにもぜひ使っていただければと思います。
こちらのリンクからホームページにアクセスしていただくと、レッスン予約をすることができます。

ワクチン接種がどんどん進んでいますが、まだまだマスクや消毒等の基本的な対策をとっていかないといけません。
そんな中で、レッスンを開始するのはどうかと思うのですが、皆さんと楽しく楽器が吹けたらなと思っています。

興味がありましたら、ぜひご連絡ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
MITSUHIRO

読んでいただきありがとうございます。 もしよろしければ、サポートもよろしくお願いします。 サポート頂いたお金は、各バンドの運営資金等に使わせていただきます。

嬉しいです。ありがとうございます!
1973年8月13日、大阪生まれ。幼少の頃より父の影響で洋楽を聴くようになり、高校時代より、立命館大学のビックバンドメンバーとして参加。大阪音楽大学を経て、国内外ミュージシャンとのセッションを経験して現在に至る。