見出し画像

DSCL METHOD CARDS 「DATA WALL -情報壁面-」 #01

画像1

画像2

Cf. 6C MODEL:DESIGN SCHOOL KOLDING, 2014

WHAT:このメソッドは何?

DATA WALLは、探偵ドラマをヒントにしています。プロジェクトメンバーは、大量の情報を壁に張り、俯瞰することで、パターンや新しい関係性を特定します。

WHY:何のために?

・集めた大量の情報を俯瞰するため
・みんなで議論できるようにするため

HOW:どうやるの?

1:壁に集めた情報を貼る
2:考えていることも貼る

参照文献

Jonas Hecksher, e-Types, in an interview, 2005.

解説

「DATA WALL -情報壁面-」はプロジェクトが進行していく中で、必要な情報を壁に掲示し、プロジェクトに関わるメンバーが情報を一度に眺めることができ、新たな示唆を得えたり、考えることができます。リサーチプロジェクトであれば、リサーチ結果や考察など。ロゴ開発であれば、下書きからデジタルスケッチまで。みんなで話し合うために必要な情報はすべて、壁面に掲示します。

リサーチ結果やデザイン提案をスライド形式で共有する場合、情報の取得が線形にならざるをえません。「DATA WALL -情報壁面-」を使用することで、俯瞰的に情報を捉え、全体を一気に把握でき、比較や文脈把握は、楽になります。また、メンバーが共同注視(cf:佐伯胖)することで、プロジェクト時の「学び」を分かち合うことも可能です。

また、「DATA WALL -情報壁面-」はプロジェクトのバロメーターの役割も担います。もし、壁面が文字だらけになっている場合は、言語の力に頼りすぎているので、非言語で表現する。反対に、壁面がイメージだらけならば、非言語の力に頼りすぎているので、言語化を進める。
理路整然としてる場合は、少し混沌を。反対に壁面が混沌としている場合は、整理する。このように、現在のプロジェクトの状態を見える化させ、Structured Chaos(cf: 濱口秀司)に持ち込むための指針にも利用できます。

参考事例

画像3

企業の問い合わせ対応をサポートする自動応答サービスのUI/UXデザイン
https://dscl.jp/works/890/

未来のコミュニケーションのデザイン開発支援
https://dscl.jp/works/252/

イラスト:大竹沙織(https://twitter.com/otakesaori
文章:平野友規(https://twitter.com/hiranotomoki
制作:株式会社デスケル(https://dscl.jp/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、twitterフォローでも十分嬉しいです! https://twitter.com/hiranotomoki

ありがとうございます!これからも頑張ります!
8
デザイナー / リサーチャー。執行役員 SPEEDA CDO(Chief Design Officer)/ DSCLの取締役。 多摩美術大学情報デザイン学科卒業、東京藝術大学大学院デザイン専攻修了。2017年にDesign school Koldingで客員研究員。

こちらでもピックアップされています

DSCL METHOD CARDS
DSCL METHOD CARDS
  • 24本

DSCL METHOD CARDSについて DSCL METHOD CARDSは「デザインおばけ」が解説する、誰もがデザインの力を使えるようになることを目指したメソッドカードです。メソッドを読んで学ぶのではなく、絵で見て楽しんで、その意図を掴む。その見立ての役割として「デザインおばけ」が存在します。 DSCL METHOD CARDSは、何をするべきか(Doing)を1コマで描き、直感的に伝えます。「私でもできるかも」と感じ、「やってみたい」から出発する、デザインの道しるべです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。