見出し画像

『マチネの終わりに』第六章(42)

 「聡史君、ごめんね。……何か予定があったんじゃないですか?」

 十代の頃には、家族同然に親しんだだけに、少しく縁遠くなり、久しぶりに再会すると、思いがけず敬語が口を突いたりと、互いの口調そのものがなかなか定まらなかった。

 蒔野は、大丈夫だと言ったが、

「ちょっと、電話してくる。」

 と断って公衆電話を探しに行った。

 テレフォンカードを買い、久しぶりに手に持った黄緑色の受話器は、懐かしい重さだった。どこに電話すべきか途方に暮れ、番号案内の104を思いついたが、タクシー会社の名前さえわからないのであれば、無駄だろう。知人に助けを求めるにも、そもそも、誰の電話番号も、今はもう記憶していなかった。

 蒔野はふと、三谷が何度か、自分の電話番号の語呂合わせを語っていたのを思い出した。受験勉強の歴史の年号暗記を二つ組み合わせたもので、その滑稽な口調そのままに、彼の頭に染みついていた。

 電話すると、三谷はどこか賑やかな場所で食事をしている様子だった。

「どうしたんですか?」

「ごめん、休日に。ちょっとケータイをタクシーに忘れてしまって、それがどこの会社かわからなくて。三谷さんの番号しか覚えてなかったから。」

「えー、……自分の番号に電話してみました?」

「あ、……そっか。」

「普通、一番にそうしません? 大丈夫ですか、蒔野さん?」

 三谷は呆れたように笑った。

「実は、祖父江先生が脳出血で倒れて、今、赤羽橋の病院にいるんだよ。ちょっと危ないみたい。……」

 蒔野は、少しぼうっとした口調で状況を説明した。三谷は絶句していたが、すぐに、

「わたし、行きます、そっちに。お手伝いできることは何でもします。奏(かな)さんたちの邪魔にならないように、どこか隅の方にいますから。」

 と真剣な声で言った。

第六章・消失点/42=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

30
小説家。小説『マチネの終わりに』『ある男』、エッセイ『私とは何か 「個人」から「分人」へ』『「カッコいい」とは何か』等。現在、Webでも読める新聞小説『本心』連載中!月に1度、平野啓一郎の文章が届く公式メールレター。☞ http://k-hirano.com/mailletter

この記事が入っているマガジン

平野啓一郎|小説『マチネの終わりに』後編
平野啓一郎|小説『マチネの終わりに』後編
  • 219本

平野啓一郎のロングセラー恋愛小説『マチネの終わりに』全編公開!たった三度出会った人が、誰よりも深く愛した人だった―― 天才ギタリスト・蒔野聡史、国際ジャーナリスト・小峰洋子。四十代という〝人生の暗い森〟を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死など、現代的テーマが重層的に描かれる。最終ページを閉じるのが惜しい、至高の読書体験。第2回渡辺淳一文学賞受賞作。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。