見出し画像

独立した私の自己紹介

はじめましての方も、ずっと応援してくださってる方も、
見てくださってありがとうございます、hira2u(ひらつゆう)と申します。

今回、#個の時代の入春式という企画を大好きな友達と一緒に立ち上げて、
2年ぶりくらいにnoteを書いています。

最近、呼び名が増えてきて
「何をやっている人なの?」
と聞かれることが多いので自分のことを書いてみようと思います。

目次
1, 自己紹介
2, 大切にしていること
3,こんなお仕事がしたい!
4, 企画概要

1,自己紹介

最近なかなか書く機会がなかったので、改めて自己紹介を。

画像1

hira2u(ひらつゆう)

経略を少しだけ。
千葉県出身です、ディズニーランドを連想される方が多いですが、私は奥地の森の中、ど級の田舎出身です。
実家は建築会社を営んでおり、小さい頃からものづくりをする職人さん、
私に似た小さな手で大きな建築物をつくる父の背中をずっと見てきました。

それ故なのか、ものづくりは小さい頃から大好きで、イラストや漫画をたくさん描いてきました。
(代表作は「SHADOW MASTER」という厨二病の結晶のような超大作)

同じくらい音楽も大好きで、ピアノは3歳から、吹奏楽部ではSaxphoneを吹いていました。
とにかく、描いたり、吹いたり、自分の中にある言葉にできない感情や想いを表現するのが大好きでした。

一度これだ!と決めたら、達成するまで猪突猛進なタイプで、
高校受験も「もう1つランクを落とした方が幸せだよ」と先生に言われても
「ここ以外興味がないので、絶対に受かります!」と頑固に毎日10時間勉強して志望校に入学したり、

大学受験は「美術大学に進む!」と決めてからは、毎日2時間かけて美大受験専門の予備校に通い、1浪して多摩美術大学 に入学しました。

就活も、一目惚れした会社以外に興味がなく、当時募集をしていなかったのにも関わらずインターンをどうにか受けさせていただき、毎日徹夜しながら
株式会社CRAZY に採用され、入社しました。

インターンを含めると約5年間、株式会社CRAZY(https://www.crazy.co.jp/)
というトリッキーかつ最高な場所で、
CRAZY WEDDING(https://www.crazywedding.jp/)
というメイン事業を担当し、
結婚式のアートディレクターをしてきました。

画像2

2,大切にしていること

結婚式のアートディレクターとして、4年間やってきて私が一番大事にしたいと思ったこと。

それは、
派手でかっこいい装飾をつくることでも、
いわゆるinsta映えな世界観をつくることでもなく、

”最後まで温度感のあること”

この一言に尽きるなと、思っています。

画像4

photo: Juno.inc/ producer:Konomi Taguchi/ by crazy wedding

温度のある空間には、温度のあるプロセスがあります。
「お客様」「サービスを提供するアートディレクター」
という関係性を超えて、
「〇〇さん」「ひらっちゃん」
と呼んでいただきなだら、本音で、本気で、一緒に作っていくこと。

そして、それが、周りにも伝播するほどに楽しくて、ワクワクするものであること。当日が心から楽しみになっていただけること。

これが私が一番大事にしてきたことです。

また、そのために
「どんな装飾にしたいですか?」ではなくて、
「大切なゲストが、何を感じてもらえる式にしたいですか?」
という質問からはじめています。

人が、何を見て、何を感じて、何を行動するのか?

そんな観点を持ちながら、お二人の言葉にならないけれど確かにある
「本当はこうしたい!こう思って欲しい!」
を引き出し、それを設計し、デザインする。
それを、個人的には「感情設計」と名付けているのが、肩書きの理由です。

例えば、「子供のような気持ちで、失敗を恐れず自分に正直に進もう!」
というメッセージをゲストに感じていただくために、

画像4

エスコートアイテムにはクレヨン・ゲストテーブルには一画用紙をご提案しました。

画像5

当日、ゲストテーブルはゲストのたくさんの落書きで彩られ、ゲストに童心に戻り、思いっきり楽しんでいただくことができました。

結婚式や日々の更新はinstagramで!
https://www.instagram.com/hira2u/

これからも、結婚式の仕事をしていく中で大切にしてきたことを
もっと幅を広げて、よりたくさんの人の想いを形にできるよう、これからも精進していきたいと思っております!

====================================

3,こんなお仕事がしたい!

4年間、結婚式一筋でやってきた私ですが、沢山学び、大切にしてきたことをその他の様々なアートディレクションに応用して、

結婚式が始まる前から、結婚式が終わっても関わっていける
幅広い層のお客様と長くお付き合いできるような働き方がしたいな。

という想いもあり、

2020年からは正式に個人でも活動していくことになりました!!(パチパチ!)

お仕事としてお受けできること、私がこれからやっていきたいことをまとめました。

1、結婚式のその先も寄り添います
2、空間デザインどんなものでも/施工までできます
3、イラスト/漫画も得意です
4、パーソナル講師もできます
5、アートディレクションも色々やってみたい!

1、結婚式のその先も寄り添います

結婚式のアートディレクションはもちろん、
引き続き個人でもお受けできます。

結婚式が終わってからも、ずっとお付き合いできるように
例えばマタニティフォトやニューボーンフォトのディレクションはもちろん、オリジナルの命名書の作成ができたり、
現在準備中なのですが、家族やお子様の思い出をもっと楽しくもっと愛おしく残せるサービスを近日発表予定です^^

名称未設定のアートワーク 60

photo:mona

2、内装デザイン/施工までできます

これは、私の夢だった「父と一緒に仕事がしたい」を叶えていくためにも
沢山お話いただきたいお仕事。
父は一代で建築会社を大きくしましたが、後をつぐ職人は現在不在な状態でした。「好きなことを仕事にするのは、大変だけど、最高だよ。」
そう言って、美大に進むことを決意させてくれた父に、いつか恩返しがしたい、そう思いずっと生きてきましたが、それが今からのタイミングなんじゃないかなと思っています。

個人的には、
インテリアのコーディネート提案/内装のデザインができます。
さらに、父とタッグを組んで1軒丸ごとおうちだって建てられますし、
大きな構造物もつくれます
、最近は神社も建てているそうです。笑

画像10

画像11

photo: Jeremy 
こちらはホテルやシェアハウスの内装をデザインした時のもの。
ゲストにどんな気持ちで過ごして欲しいかからヒアリングする、想いのこもった空間づくりが得意です。

こんな空間も計画中(ボツ案だけどお気に入り笑)

3、イラスト/漫画も得意です

instagramでは漫画を描いたり、絵を投稿したり知っていただいてるかとは思いますが、原点であり、大好きなことです。

名称未設定のアートワーク 51

こんなデザインデッサンはもちろん

JPEGイメージ-49FC07E1EFA3-1

イラスト系も大好きですし

名称未設定のアートワーク 53

漫画まで。笑

基本、描けないものは石膏デッサンくらいかなと思います
(めっちゃ苦手笑)
最近やりたいと思っているのが

名称未設定のアートワーク 54

写真とコラボレーションした表現。
大好きで尊敬しているカメラマンさんたちがお友達には沢山いるので、
写真にイラストでコラボできたらいいなあなんて思ってます*
これは、instagramにどんどん更新予定です!お楽しみに^^

一緒に活動していくカメラマンのモナちゃん。
https://note.com/mona_73_photo/n/n158d0bb67890

4、パーソナル講師もできます

上記のような絵を気軽に描けるようになる!
パーソナルイラストレクチャーも展開考えてます*
この時期だからこそ、私にできることを考えて準備中。

5、アートディレクションも色々やってみたい!
今までやってきたことを生かして、アートディレクションも色々やってます。正直、気合さえあればなんだって最高になる。
私は装飾する人、ではなくて一緒に形にする人です。
言葉にならない、だけど形にしたい何かがある貴方、ご連絡お待ちしてます。

====================================

4,企画概要

そんなことを思っていたこの春、
友人からの一言でこの企画を発足しました。

入春式

今回の企画のキービジュアル、アート全般も担当しました。
これこそ、想いを形にした例だと思います。

4, この企画の概要

最後に、なかなかnoteを書くのをめんどくさがっていた私が本気でnoteを書くきっかけをくれた企画の発起人たちと、
企画についてお話したいと思います。

アートボード 2

メンバーはこの4人。
私は発起人のいとよんの長年のお友達。彼女のnoteから想いをシェアさせていただこうと思います。


春は入社式や入学式など新しい1年がはじまるお祝いの時期。だけど、私たち「フリーランス」にはそのようなイベントもなければ、今はコロナの影響で仕事がなくなったり、家で孤独にお仕事をしている人も多いはず。
そんな中「この春、気持ちを入れ替えるようなイベントのないフリーランスの私たちが、自分たちで気持ちを新たにして自らの想いを宣言し、祝い高めあえる場があってもいいんじゃないか」という想いのもと、同じフリーランス友だちたちと企画を実施することにしました。

私自身も、新しい気持ちで一歩を踏み出していくタイミングで、ずっと一人でお家にいるのはなんだか寂しいな、、と思っていたところだったので、この想いに深く共感し、一緒に何かできたらと思い、彼女たちと一緒にこの企画を立ち上げました。

こんな風に、想いを語り合い、一緒に形にしようと全力を尽くしてくれる人たちが、私はとっても大好きですし、それに巻き込み、巻き込まれていきたいと心から願っています。

長くなりましたが、今回は本気で想いをぶつけよう!という気持ちで書きました。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

(企画概要)一緒にこの春、一歩踏み出す方を大募集中です^^

アートボード 3

_______________________________
▼企画の目的
・春を区切りとして、フリーランスとしての生き方を応援しあえるムーブメントを起こすこと
・同じ志を持ったフリーランス同士がオンラインで繋がること(今後オフ会の開催も検討)


▼参加対象者
ミレニアル世代の
・現フリーランス(個人事業主)
・この春からフリーランス(個人事業主)になる人

▼参加方法
①noteで、自分を表現する記事を書く。
②noteで「#個の時代の入春式」のタグを付ける
③Twitterで「#個の時代の入春式」のタグをつけ、発信する

※①について、発信するお題は自由です。
「この春、自分が宣言したいこと」を書いてください。
例)自分が今の仕事を選んだ理由と想い
今の自分に出来ること
2020年の目標 etc.
※絵、写真の挿入可
※文字数制限なし

_______________________________


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

29
感情を大切に、最後まで温度ある空間づくりを温度ある現場づくりをしたい人。自分のために、1日を過ごす宿をつくるのが夢
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。