フロアトポロジー×ヒノカサの虜

フロアトポロジー×ヒノカサの虜

    マガジン

    最近の記事

    君の様に鳥が啼く 記録note from函波窓

    君の様に鳥が啼く 去年の十月に今回の企画はスタートしました。観劇に行った先でたまたま小崎さんと遭遇し、そのタイミングで来年は脚本を別の人に頼む企画を考えているとおっしゃっていて、それなら是非、と挙手し直ぐにコラボが決まったのです。 そのまま居酒屋に行って、打ち合わせ兼飲み会をしました。脚本を誰かに預けるときは、基本的に相手方の気になっていることや今形にしたい想いなどを聞いてからあらすじを考えるようにしていまして。今回も小崎さんとそのようなやり取りをすべく、そして美味しい

    スキ
    2
      • フォトブックパンフレット・上演台本販売中!!

        フロアトポロジー×ヒノカサの虜 「君の様に鳥が啼く」 フォトブックパンフレット・上演台本をBASEにて販売中!!

        • 再生

          「君の様に鳥が啼く」予告動画

          フロアトポロジー×ヒノカサの虜 LIVE配信公演 「君の様に鳥が啼く」 配信日時 2020年10月2日(fri.) 19:30 チケット→ https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/70 2020年10月4日(sun.)14:00 チケット→ https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/71 脚本 函波窓(ヒノカサの虜) 演出 小崎愛美理 (フロアトポロジー ) Cast 遠藤留奈(THE SHAMPOO HAT) 岸田大地  橋本拓也 渡辺裕也 未浜杏梨 鈴木はるか 澤原剛生 佛淵和哉 三浦葵 (劇団いいのか・・・?) 林廉 (劇想からまわりえっちゃん) 川添りな 岡野桃子 (ヒノカサの虜) 須田マドカ (フロアトポロジー) 函波窓 (ヒノカサの虜) Staff 舞台監督:ワタナベユウタ(株式会社K-works) 音響:水野裕(空間企画) 音楽:北島とわ(Portowal birch) 照明:正傳静(劇団背傳館) 美術:荒川真央香 予告動画編集・撮影監督:木村聡志 ビジュアルデザイン:石井史人 協力: 太田篤哉/吉川尚志/(株)K-works/(株)sorise /(株)ドゥ・アップ (有)J.CLIP/フォセット・コンシェルジュ/空間企画/THE SHAMPOO HAT Portowal birch/劇団背傳館/劇想からまわりえっちゃん/劇団いいのか…? 企画・製作:フロアトポロジー・ヒノカサの虜 詳細 https://note.com/hinokasa_floor

          スキ
          2
          • LIVE配信公演

            フロアトポロジー×ヒノカサの虜 LIVE配信公演「君の様に鳥が啼く」 配信日時 2020年10月2日(fri.) 19:30 2020年10月4日(sun.)14:00 料金 ¥2500- (※アーカイブ視聴可能期間:公演配信日から2週間) チケット販売ページURL ・10月2日 19:30公演 → https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/70 ・10月4日 14:00公演 → https://v2.kan-g

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 「君の様に鳥が啼く」上演に向けて

              「君の様に鳥が啼く」について当公演は、都内のコロナウィルスの感染状況等を鑑み、 『無観客配信公演』として上演致します。 映像用に脚本を書き換えることはせず、 劇場で実際に美術を組んだ舞台公演を生配信いたします。 公演自体は配信を視聴していただく形となりますが、 稽古や劇場に入る役者・スタッフ陣は 実際に対面して稽古や本番を進めていくことになります。 キャスト・スタッフ一同、 最大限コロナ対策を徹底し作品作りに取り組んで参ります。 作品に関わる全ての皆さま、 そして応援

              スキ
              2
              • 【情報解禁!!】フロアトポロジー×ヒノカサの虜 『君の様に鳥が啼く』

                フロアトポロジー×ヒノカサの虜 『君の様に鳥が啼く』 <story> 四ヶ崎高校では去年、女生徒が屋上から飛び降り自殺を図る事件があった。大きな台風がその街に襲い掛かった日だった。事件のせいで文化祭は中止になり、自殺未遂に終わった女生徒は学校に来なくなった。 台風の目になったかのように、彼女の周りから少しずつ人々が歪んでいく。彼女と付き合うことになった少女は苛めを受け、秀才で通る少年の家では母親が家庭を捨てようとしていた。元々歪んでいた人は更に。引き寄せられるように歪んだ人

                スキ
                6