見出し画像

第18話 敵NPCとして安全に戦い合うために

 NPCが存在するならば、敵NPCも存在します。いわゆる、プレイヤーキャラクターたちと対峙する、戦うための存在です。それは人間だったり、モンスターだったり、怪異だったりするでしょう。

NPCとして戦うなら、まずはクールに。

 LARPは体を動かす遊びです。特にチャンバラ形式ともなると、戦うときにはきちんと自分を律する必要があります。自制心が働いていないと、チャンバラで実際に動いて戦うときに、周りが見えなくなり、焦ってしまい、全体を見渡せなくなります。それは何を引き起こすのかというと、プレイヤーキャラクターたちの「全滅」です。

この続きをみるには

この続き: 1,429文字

第18話 敵NPCとして安全に戦い合うために

雛咲望月/LARPデザイナー・シナリオクリエイター

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
雛咲 望月(ひなさき もちき)。日本初個人LARPゲームサークル「レイムーンLARP」スタッフであり、元代表。LARPゲームを日本に広めるため、様々な活動を行う。2016年8月より「体験型LARP普及団体 CLOSS」に加入。代表であり夫の星屑とともに、様々な活動を展開中。