見出し画像

インプット・アウトプット・デリート

今日は簡単に(^^)
よくインプット、そしてアウトプットて聞きますよね。

インプット=入力。新しい情報やスキルを身につけること。
アウトプット=出力。学習や経験によって得た学びを、発言や活動に反映させること。(共に要約)

そして大切な消去もお忘れなく

これは、私も大切にしていることなんですが、世の中は情報で溢れかえってますよね、ニュースも報道も、人の話や、なんだかんだと、日々凄まじい量の情報が脳を通過していってると思います。しんどくなるくらい笑。

これが生まれたきた頃から永遠と続くわけです。怖いですアハハ、、そして魂には過去の記憶も残っていたりする。と言われていますが、恐らく、そうだろうな?と思う私もおります。そこで、ここハワイが発祥の記憶を消去する、【ホ・オポノポノ】ですが、ちなみにこの本私のバイブルです。

内容は気になる方でまだ読まれてない方は、是非是非読んで下さい。色々出版物ありますが、この写真の本が私は好み(入りやすい)です。

なぜ?横に[般若心経]なのかと言うと、この本、先々月に日本いったときに空港で見かけて買ったんです。がね、この2冊・・・・・

書いていることはもちろん違いますが、それこそ要約は同じ!!

記憶をデリート(クリーニング)すること

ではありませんか!!般若心経って、ちょっと調べたら西暦630年、細かくだと、「聖徳太子が遣わした遣隋使の小野妹子が609年に持ち帰ったものだといわれている。」だそうですよ。すごいな・・・それと、ハワイのホ・オポノポノの伝えてることが同じなんですよね。でも、これはとっても分かることができます。というのも最初に書いた、この世の中はインプットする事が多すぎる!勉強とかはもちろん大賛成で、良いのですが、それこそ先日日本へ行った時に、日本のテレビのニュースを見てて、報道の仕方のネガティブさになんて驚いたことか。いや、これは日本を離れて気づきましたが、ある意味洗脳のようでした。怖い怖い・・^^;

記憶を削除する薬。が開発された!?そうですが、そこまでは言いませんが、、それも怖い^^;。ホ・オポノポノでは、起きる問題のすべては、自分の記憶の再現である。と言われてます。なので、クリーニングして、あなた自身の潜在意識(魂)を愛してあげましょう。という感じなのですが、この般若心経の内容もまるで同じ。そして私の好きな、THE・シンプル なんですよね、基本的に。つまりですが、インプット、アウトプット、ももちろん大切ですが、このデリート(記憶のクリーニング)は更に大切では、と思ったこの2冊の共通点でした。昔の聖徳太子もホ・オポノポノしていたと言うことですかね(*^^*)

現代人の脳への情報量は江戸時代の1年分。という記事を見ましたが、ほんとうにもしかすると、その位あるのかもしれないですよね、少し脳をお休みさせると、不安や、疲れも軽減されるのではないでしょうか。

このコラムだってインプット、
さぁ、これを読んで下さった貴方は、今から少しの間、脳をお休み(できる方は瞑想)5分でいいので、はい!スタート\(^o^)/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!