見出し画像

インスタライブを始めてから1年が経ちました。

藤本 えり

昨年から始めた  あゆ( @a.calirm )とのインスタライブ。

1週間に1回、ふたりのタイミングが合うときに 
配信をしているんですが
ちょうど始めてから 一年くらい経ちました。

始めたときは
ほぼ思いつきで、
わたしから誘って、相方のあゆは
それほど乗り気でもなく、
付き合わせてるんじゃないかな?って思っていたくらいなのに

まさか まさか、こんなにちゃんと続くとは 
ほんとに 思ってもいなかった。

あ、参加者さんと、ほぼ雑談してるだけのライブ配信だから、
「ちゃんと」できてるかは 謎だけれど。

だけど、このインスタライブをきっかけに、
いろんなことが変わり始めていって
いろんなご縁が繋がって
本当に 不思議だなぁ、と思うのです。


ライブ配信を始めて、
まず最初に変わったのが
15年以上の友人だった、あゆとの連絡がこまめになったこと。

もともと親友というカテゴリーに
お互いに、自信満々で入るくらいの関係だけれど、

それでも、お互いに 家庭も仕事もあって、
それなりに忙しいし
特に依存するタイプでもなく、
さっぱりしてるもんだから
奈良に住んでいた頃から
こまめに連絡もしないし
2ヶ月、3ヶ月会わないってことも普通にあったりして。

それが、ライブ配信をするようになってから
「来週のネタどうしよう?時間どうする?」の連絡をし始めたら

それをきっかけに、「ちょっと聞いて」
「これどう思う?」って 話題が止まらない。

今は、制作しながら ずっと喋っていたりして
朝から5時間くらい喋ってるよな?っていう日も。

……その辺のカップルよりも、ずっと仲が良い。


ちなみに、いろんな占いとかやってみると
わたしたち、大体 驚くほど 相性が良い。
まぁ、15年以上も ずっと親友って言える友人やってるんだから、そりゃ相性も良いよね。

でも、そんな友人がいることって
本当に貴重だし、そんな人に出会えたことは
わたしの 人生の財産だなって思う。

これまで 何も考えずに、ただ心地良いから
一緒にいただけだけど、最近は本当に
相方の存在に 感謝している。


そして、もうひとつ変わったことは
小さい小さい範囲だけれど
なんだか わたしたちのコミュニティができたように思うこと。


そんな、わたしたちのライブ配信は、
薄っぺらいネタに加えて、
何でもない雑談…という内容だから

最初の方は 
あまり見に来てくれる人がいなくて、
わたしたちだけが、ただただ2人で
テレビ電話のように喋っている日もありました。


それでも、毎週毎週続けていると、
そんなわたしたちの 「テレビ電話感」が面白いって 見つけてくれる人がいて、

毎週、時間を合わせて 見に来てくれたり、
コメントで参加してくれたり

今も決して、多くない人数だけれど
参加者さん同士が
ライブ中にコメントで会話して
その場を楽しんでくださっているのを見ると、
すごく嬉しくて
わたし自身も 楽しく 配信させてもらっています。

今までは どこかのコミュニティに属するだけだった、大勢の中の1人だったわたしが

小さくても
わたしたちの周りに集まって来てくださる方がいること、それが とてもありがたいし、嬉しい。
ありがとうございます♡♡

今も、わたし自身は
裏ドングリっていう、Podcastで 大好きなドングリFMの コミュニティには属しているし


以前、インスタライブのゲスト会に来ていただいた、マカさんご夫婦が
毎朝クラブハウスで喋っている「藤本家」のコミュニティにも 属しています。


大好きだな、と思う人たちの
コミュニティに属しながら、
わたしたちのライブ配信に来てくださる方との
交流も大切にしていきたい気持ちです。


そうやって 繋がった方々のご縁は
不思議だなぁ、と思うことばかりだけれど
ほんとに感謝ばかりです。

いつもありがとうございます。

そんなわたしたちのライブ配信は
7月は毎週火曜日15:00〜喋っています。



【 eritonunoからの お知らせです】

7/15〜7/25
期間限定shop open。
よけ
今回は 世界にひとつ、あなただけの耳飾り
「おなまえ耳飾り」のオーダー受注と

夏の最後の新作、「流るる 涼風の耳飾り」を販売しています。

良ければ、こちらも覗いていただけると嬉しいです♡

この記事が参加している募集

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
藤本 えり
【eritonuno】「季節とわたしを楽しむ」というコンセプトで布花アクセサリーをつくるひと。 家族との日常を大切にしながら、ものづくりで生きていきたい。noteは 作品紹介もあれば、ただただ気持ちを纏める場所として使っています。