好みのコーヒーと2018年のベスト

自分の好み

年中コーヒーショップやロースタリーで焙煎された豆を買い、自宅で豆をひいて飲むというのをやっているが、いつも同じものを飲むことはなく、いろいろな店や焙煎所、そしていろんな土地・農園のものを選んでいる。

自分はコーヒーが好きなだけで、ブラインドで飲んだときに違いがわかるというものではないが、それなりには違いを感じて、好みかどうかの判断はできる。

基本的にはフローラル、フルーティといった表現がされるものが多いアフリカのほうの豆を好む。
代表的なものとして「エチオピア」や「ケニア」といったものだ。
前述のようなフレーバーをポテンシャルとして引き出すには浅煎りであることが多く、コーヒーと思えない爽やかな酸味、あるいは紅茶のような味わいがある。
特に夏場にはアイスでいただくのが好きだ。

一方冬になると基本的にはホットで飲むことになるが、この頃には酸味にフォーカスされる豆より、南米のほうの酸味とコクのバランスがほどよいものを好む。
具体的には「コロンビア」「コスタリカ」「グアテマラ」あたり。後者のほうはフレーバーとしてレモンなどが挙げられるが、煎りが浅すぎなければほどよい味になる、はず。

2018年?のベスト

というわけで2018年もいろいろな豆をあじわっているはずだが、ちゃんとした農園名などを含めた名前をちゃんと覚えていない。
これは勿体ないので、来年はちゃんと残したい...。

なので、最近の記憶にある範囲で、つまりは2018年というよりは「ここ最近のベスト」を残しておく。

グアテマラ(ラス・マカダミアス農園)

TAKAMURA Wine & Coffee Roasters(大阪)で購入した「グアテマラ(ラス・マカダミアス農園)」です。

この豆はCup Of Excellence(CoE)というコーヒー豆のコーヒーの品質審査制度の2015年に6位入賞という成績の豆。

購入したロースターでの試飲コメントを引用すると、

「カカオからレモンピールに味が変化する」
豆を挽いた時(=ドライ)の印象はチョコレートやカカオのような、香ばしくもあり甘い印象。しかし飲むとシトラス系のハッキリした酸を感じ、程よい甘みを伴った爽やかな口当たりの中にある苦味は、上質なグレープフルーツやレモンピールのよう。コクと苦味、酸味の中に感じる甘さが心地良く、口の中に広がります。

このコメントを読んでなければ、この表現が自分の中から生まれなさそうなものの、改めてこの試飲コメントを読んでから飲むとまさにこの通りの味。淹れ方によってバランスは変わるが、少なくとも自分の淹れ方ではどんぴしゃに好みの味だった。

楽天で購入できるようなので、興味を持った方はぜひ。(ちょっと高い

* * *

この記事は「Coffee Advent Calendar 2018」の記事です。

もっと軽い気持ちでいいので、書きたい人はぜひご参加ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

明日の元気の素になります。

4
株式会社サイバーエージェント Webのエンジニアだけどデザインのこと考えています。 OSS: FLOCSS http://github.com/hiloki/flocss 著書: Web制作者のためのCSS設計の教科書 http://amzn.to/2hJcQVX

こちらでもピックアップされています

Coffee and
Coffee and
  • 7本

Coffeeの話。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。