踊りと子どもたちのこと

私の大切な踊り仲間・・・いや、先輩・・・いや、やっぱり仲間・・・が、私の主宰している場についてかいてくれていました!(彼女にはいつも助けられております。さりげなく、ちょうどよく・・・それがとても有難い)

この場について、私自身うまく言葉になかなかできなくて、でもこんな風に見ててくれているのだなあ、見守ってくれているのだな、子どもたちに対してもこんな眼差しを向けてくれているのだな、と思うととても嬉しい

この場は私にとっても試行錯誤の場

なにが正しいか、どんなやり方が正しいか、なんてわからない

だって私自身まだ踊りのことなんてわからないことだらけだ

でも、ただ好き勝手踊っているだけではなくて、なぜここがあるか、というと、それはなにかあると思っている

そう、なにか・・・

ここにこの場があること・・・

ここに芽吹くもの

子どもたちから伝えてくれるもの、子どもたち同士で伝えあうもの

小さい人から大きい人へ、大きい人から小さい人へ

そして、踊るものとして、私も誰かから伝えられてきたもの、託されてきたもの

こうしたらこうなる、とか、こうしたら伝えられる、とか、そういうことではないことばかり・・・

でもやりたいことはそういうこと

今年もみんなで楽しく試行錯誤


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
ダンサー/舞踊家/振付家/ダンス講師/コミュニティダンス/神楽舞/ 舞い踊ることの根源を見つめて、自然と共に、子どもたちと共に、舞い踊る日々。https://www.aoyagihizuru.com/