見出し画像

酵素玄米弁当のイベント出店が決まった

田中 ひではる

 9月5日㈪、ミナガルテンで初出店が決まった。出品するのは、以前からやってみたいと思ってた身体に優しい系のお弁当「酵素玄米弁当」だ。
 僕自身食事に気を遣っていて、安心して食べることができるお店や弁当屋をいつも探していたのだが佐伯区には中々なかった。
 それを職場のスタッフと話していると「やってみたい!」って人がいてやることになった。

 ミナガルテンの代表者に"ミナガルテンの方針"を聞かせていただき、僕たちがやろうと思った経緯と障害福祉施設であること、その利用者の仕事作りが僕たちの仕事の一部であることを伝えた。
 さらにイベント時には利用者も参加させてほしいことを伝えると、ミナガルテンの方針にも合致していると快諾してくれた。
本当にありがたかった。伝手も何もなかったけどメッセージを送ってよかったと思う。

 イベント出店も弁当屋もやったことないけど、まだ時間はあるからいくらでも準備できる。それまでに想定される準備を全部やればいいのだ。そしてやってみて過不足があれば次回修正すればいい。

 これとは関係なく、最近スタッフが受けた外部研修の中に「地域との繋がり・共生社会」がテーマのものがあった。その報告の中に、高齢者も障害者も地域に出ていき、活動の場を施設だけに留めていない成功事例があった。
 こういった類の話は研修でよくあるといえばよくあるのだが、規模は違えど自分たちがこれから起こそうとしているアクションと重なる部分もあり、より一層やる気が出てきた。

 このチャンスはいろんなタイミングや今の会社の方向性が重なって生まれたもの。
事業は本気で成功させたいと思う人間が1人でもいれば成功しやすいらしい。
今回は自分がそう。しかも割と粘り強い方だ。
 また一つ新しい刺激となるものが生まれたので、その利益も楽しさもみんなで共有したいと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
田中 ひではる
【これから一緒に働く人、今一緒に働いている人】に向けての日記 1983年生まれ 株式会社障がい者ライフサポート 代表 広島市佐伯区で障害福祉サービス事業を経営 会社HP https://funny.hiroshima.jp/