新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「ありがとう」校舎に感謝と別れ 女川小中1学期終業式 2学期から新設一貫校

 女川町の女川小、中学校で31日、1学期の終業式が行われた。2学期から供用する女川小中一貫校への移行作業の都合であり、現校舎で過ごすのはこの日が最後。両校では慣れ親しんだ学び舎に感謝と別れを伝える行事を催した。あすからは夏休みとなり、期間は石巻地方で最も長い8月1―22日の22日間。石巻市、東松島市の小中学校は同7日に終業式を行い、夏休みは8―19日の12日間となる。【山口紘史】

 女川小学校(児童196人)の終業式は3密を避けるため、校内放送で実施。早川知宏校長は「新型コロナの第2、3波がいつ来るか分からない中、無事に終業式を迎えられた」と話し、6月から始まった1学期の児童の努力をたたえた。その上で「校舎と窓から見える風景を心に焼き付け、思い出にしてほしい。夏休みは安全で健康に過ごし、新しくできる校舎でまた会おう」と呼び掛けた。

 現校舎は昭和56年に完成。東日本大震災では直接的被害はなかったが、町内の児童生徒数が減少したことで、女川小中一貫校の開校が決まった。新校舎は高台である町役場の南側に整備し、2学期から使う。現校舎の校庭には町立保育所が建設されるが、校舎の利活用については今のところ決まっていない。

感謝の気持ちを込めて、校内の最後の清掃活動にあたった

感謝の気持ちを込めて、校内の最後の清掃活動にあたった

 同校は、全校児童を対象に校舎お別れ会を催す計画だったが、コロナ禍で中止。代わりに今週を「校舎お別れ感謝の週間」と位置付け、児童が学校内の思い出の場所を思い思いに描く「校舎ありがとうコンテスト」、校内をきれいにする「お別れ清掃」を行った。

 終業式の後はコンテスト受賞者の表彰が校長室であり、下校前には全校児童で最後の清掃を行い、校舎に感謝と別れを告げた。6年生の高橋勇翔さんは「ありがとうの気持ちを込めて現校舎の清掃を頑張った。お別れは寂しいが、新しい校舎での生活も楽しみ」と話していた。

校舎ありがとうコンテストの受賞者に表彰状が手渡された

校舎ありがとうコンテストの受賞者に表彰状が手渡された

 この日は女川中学校でも終業式と校舎お別れ会が行われ、学び舎に感謝を込めた動画上映会やクイズ大会が行われた。


現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。

こちらでもピックアップされています

石巻日日新聞
石巻日日新聞
  • 282本

石巻市・東松島市・女川町の話題を掲載。地域の歴史や文化、風土や週間などを紹介します。また、東日本大震災から復興へ向かう、まちの出来事も混じえて発信します。無料と有料記事があります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。