「アニメージュとジブリ展」閉幕
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「アニメージュとジブリ展」閉幕

連動企画で街に活気

note用アニメージュとジブリ展閉幕 (7)

最終日もアニメファンや家族連れでにぎわった

 アニメ専門誌「アニメージュ」から日本のアニメ文化発展期をひも解く「アニメージュとジブリ展」みやぎ石巻展は、12日で会期を終えて閉幕した。企画展は6月19日からマルホンまきあーとテラスで開かれ、JR仙石線のポスター掲示や、映画上映会など連動した企画も後押しし、74日間で来場者数は計3万4千人に達した。【渡邊裕紀】

 同展は、㈱街づくりまんぼう(木村仁社長)や石巻市などで作る同実行委員会が主催。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが手掛けた「アニメージュ」に焦点を当て、日本のアニメ業界が急速に発展した昭和中期―後期を当時の誌面などを使って詳しく紹介した。
 また「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」など、今でも多くの人に愛されるジブリ作品の資料も展示。連動企画で市内飲食店のコラボレーションメニューや壁画の制作、感想絵の展示、音楽祭も繰り広げられ、多くの人が会場を訪れた。
 会期中の来場者数は土日、休日が多く、1日当たり500―700人ほどだったが、会期終了の2週間前からいわゆる〝駆け込み〟が増加。コロナ禍で入場制限などが設けられていたが、会場前には入館を待つ列ができ、最終日となった12日の来場者は約1400人を数えた。
 仙台市から家族で訪れた尾形育江さん(35)は「イベントは知っていたが、行く機会に恵まれず、最終日に何とか間に合った」と胸をなでおろした。長女栞楠ちゃん(5)も「オームとか猫バスとかがあって楽しかった」とにこやかだった。
 木村社長は「盛況のうちに無事閉幕でき、協力いただいた皆さんに感謝。これからもさらに魅力ある企画を練り上げ、地域を盛り上げていきたい」と話していた。

現在、石巻Days(石巻日日新聞)では掲載記事を原則無料で公開しています。正確な情報が、新型コロナウイルス感染拡大への対応に役立ち、地域の皆さんが少しでも早く、日常生活を取り戻していくことを願っております。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
石巻日日新聞社が運営する「石巻Days~未来都市の生き方~」はインターネットの世界でも石巻を感じてもらうウェブマガジンです。未来都市「石巻」での生き方や様子を地元の皆さんへ向けて発信しています。