死にかけた

3

死にかけた 3回目

小学4年か5年生位のとある日曜日だったと思います。 当時のスーパーやお菓子屋さんで販売されていた飴袋の中には、1個だけ大玉の飴が入っているという商品が結構ありました。 家族の中で大玉を争う存在などおらず(姉はいるが大玉に興味がない)、大玉は100%の確率でぼくのもの(もはや大玉は…

死にかけた 2回目

たしか、ぼくが小学校3年生か4年生の頃。 善福寺川沿いを自転車で20分くらい走ったところにある、大宮八幡宮の隣にある公園へと遊びにいく途中の出来事でした。 当時は、常に新しい遊び場所を探して見つけ出すことが、なんだかトム・ソーヤじゃないけれど冒険のようで楽しかったんです。 ぼくは…

死にかけた 1回目

2.3歳の頃です。ちなみにこの時のコトをぼくは覚えていません。母親から聞きました。 毎年、夏になると母方の親戚家族総勢15名ほどで旅行に行っていました。その年は、千葉県の飯岡海岸へ。 小さい頃のワタシは、兎に角チョコマカ・チョコマカと常に動き回っていて、じっとしているのは寝ている…