見出し画像

52Hz, I love you! --- 台湾ミュージカルに見る'85世代のライフスタイル

フォルモサ(麗しい島)の異名を持つ台湾には絶景の自然がひろがる。ゆえに台湾映画には山紫水明の風景と、昔ながらの暮らしが描かれてきた。だが、大都市の暮らしはどうだろう。対照的な2本の映画に、台湾の今と昔を見る。

奄美の声

今をさかのぼる1999年ごろ、屋久島や甑島など九州の離島を訪ねて、滞在型エコツーリズムの研究をしているグループがあった。チームを率いるのは、ゴミ博士のあだ名を持つ環境経済学者であった。

ある日、ゴミ博士は奄美へ調査に出かけた。ふと立ち寄った店で、美しい唄声を持つ青年に出会う。奄美の人の歌声に、一同は感銘を受ける。

その若者は、島を出て、琉球の大学に進学する夢を語っていた。

画像7


屏東の声

その声の主が誰であったのか、今となっては定かではない。

そんな奄美のエピソードを思い出したのは、およそ10年後のある日、台湾の映画を見た時であった。

屏東県の小さな街に
日本の人気歌手がやってくる。
ひなびた港町は、にわかにざわつく。

日本からやってくる人気歌手というのが、奄美の人だった。

画像2


海角七號

その映画は、『海角七号 君想う、国境の南』であった。
いわずと知れた台湾映画の名作である。


海角七號
電影官方blog
屏東恒春 TAIWAN. R.O.C.
 << Amazon Prime, U-Next, GYAO で配信中 >>
夕景を背に
恒春の浜に奄美の声が響く。
地元バンドの演奏が、舞台に花を添える。

画像3


国境之南

映画のストーリーは、「国境之南」という副題に集約されているから、ここではふれない。

舞台は、都会から遠く離れた台湾南海岸である。ジンベイザメが悠然と泳ぐ大洋に面する港町。

どこか懐かしい海景が、日本人の郷愁を誘う。


52Hz, I love you!

それとは対照的に、台北の都会暮らしを描いた最近の映画もある。

52Hzのラブソング
《52赫兹我愛你》
<< U-Next で配信中 >>
バレンタインデーの台北の街
52Hzで囁くクジラの声は、誰の耳にも届かない

仲間とは異なる52Hzの周波数を持つクジラは、いくら囁いても声が届かない。大海原をたったひとり泳ぐクジラの姿に、大都会の住民の孤独を重ねる。

台北に住む4人の物語。

バラを配達する生花店のオーナー
小心(シャオシン)

チョコレートを配達するパティシエ
小安(シャオアン)

楽器店でバイトするミュージシャン
大河(ダーハー)

屋外イベントを仕切る地方公務員
蕾蕾(レイレイ)

4人をとりまく平凡ではない人たちが一波乱を起こす。(*1)

全編にバイクが登場し、台北の街並みを走り抜ける。バイクにまたがっているかのような、目まぐるしい映像が途切れることなく写し出される。

画像10


バイクの洪水

かつての台湾映画では、在来線の特急車両に乗って地方へと向かうシーンが好んで描かれた。それは今でもみられる光景だが、都市の日常ではない。

台北の街角に立つと、あっという間にバイクの波にのまれる。立ち尽くして、バイクの大群が過ぎ去っていくのを、ただただ眺める。

それが台北の現実である。

画像8


配達する若者

映画に登場するデリバリー経済は、台北の今を象徴している。

それに伴い、事故も増えているという。

映画の中でも、なにかが起こりそうだ。

画像4


ポスト・ニューシネマ世代

小心、小安、蕾蕾を演じる3人の俳優は、1985年から1986年生まれである。その頃、台湾の映画界にはニューシネマ旋風が吹いていた。

大河を演じる俳優は、1976年生まれだが、映画では他の3人と同じ世代を演じる。アミ族の出身であり、母語で歌うこともある。 (*2)

4人は、映画プロモーションの音楽イベントにも出演している。その表情からは、音楽を仕事にできる嬉しさが伝わってくる。

往年のニューシネマを知らない世代が、今の台北を生きている。


多様性の島

『52Hzのラブソング』は、台湾という島の多様性を表現したカラフルな映画である。選んでいる職種も自由であれば、パートナーとして選ぶ相手も自由である。

♪ Do Mi Meiyo So
(多・米・没有・梭)
ドとミがあって、ソがない
弦の足りないギターでも、かまわないじゃないか

それぞれに問題を抱えた登場人物が、多様性を認め合って暮らす。くすんだ台北の実像を、少しだけ彩度を上げてポジティブに描く。バイクを走らせながら、途切れることなく音楽劇が繰り広げられる。

舞台のミュージカルのように現実から離れた映像があったかと思えば、日本人にもおなじみの淡水の橋を渡っていたりする。現実と架空が入り混じり、どこまでもカラフルである。

台湾の多様性を、色鮮やかに表現する。

画像9


実在の市長

電影の世界はカラフルでも、現実はどうだろう。

映画の中では、あるイベントで挨拶する市長役の人物が登場する。
この人物、どこから見ても、いかにも本物感がある。
簡潔明瞭なスピーチが妙に耳に残る。

皆さんに命令です
手段や過程は どうでもいい

実はこの人物、撮影当時、実在の市長であった。(*3)

広々とした河沿いの公園で、力強くスピーチする市長。
眠れる若者を目覚めさせ、迷いを断ち切るかのようだ。

画像11


屏東の海、新北の河

『52Hzのラブソング』を見ていて、ふいに、この作品が『海角七號』とリンクしていることに気が付いた。

バイクのエンジンがスタートせず、思わず
ギターを叩きつけるぞ!
と叫ぶ。

どこかで見覚えのあるシーンだ。名作へのオマージュを込めた表現かと思いきや、同じ監督の手によるものであった。(*4)

台湾南部の港町を舞台とした歴史大作から、台北近郊の今を描くミュージカル小品までこなす。(*5)

作風の幅に驚かされる。

画像9

画像10


陽射し溢れる

監督が一貫して描くのは、華やかな舞台を陰で支える人々の姿である。

陽射し溢れる台湾の公園には、色とりどりの花が咲き乱れる。
花屋の店員は、誰かに花を届けるために、街を奔走する。

私達はカササギ 愛を運ぶ鳥
想いを運ぶほど 翼は重くなる

誰かの幸せを支えるために、人知れず努力する人がいる。
普段は目立たない誰かが、思いがけず主役になる。

そんな特別な1日を、主人公と共に楽しみたい。

画像11

Photos by H.Okada in Taiwan 2000-2019.

<脚注と補注>
*1)
花屋の店主の名前は小心(シャオシン)、店名は「小心花店」である。「小心」には「注意!」の意味があるので、勢いよく店名を発音すると客がびっくりする。

*2)
ミュージシャンの卵である大河を演じるのは、歌手の舒米恩(スミン)である。現実の彼は、台北金馬映画祭において最優秀映画オリジナル歌曲賞を授賞した。標準的な中国語を話す中華文化圏の祭典である金馬祭の授与式で、アミ語の歌声が響き渡った。


*3)
映画に登場するのは、柯 文哲 台北市長である。矢継ぎ早に斬新な政策を打ち出し、主に若者層からの支持を得ている。

*4)
魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督作品である。

魏 徳聖 監督
Profile

『海角七號』『52Hzのラブソング』の私的な共通点は3つほど。

 ・台湾郵政の赤緑ポスト
 ・ギターを背負ってバイク
 ・ドイツ民謡

同じ監督の作品と知ってから、あらためて『海角7號』を見返してみると、『52Hzのラブソング』の至るところにセルフパロディと思わせるシーンが散りばめられている。後日談というわけではなさそうだが、出演者にとっては10年同窓会の意味合いもあろうか。

2本の映画を交互に繰り返し見ると、

∞ ミュージシャンの夢に破れて台北の街を去る
↓ ↑
地方から出て台北でミュージシャンを目指す ∞

の無限ループにはまる。

*5)
ミュージカル映画は映像とボーカルを別撮りするほうが簡単だが、あえて映像の撮影場面で役者が歌う声を撮って臨場感を出した。と、苦労を語る監督。なぜか再生回数が少ない。

映画『52Hzのラブソング』
メイキング映像

補**1)
日本の映画人が、台湾を撮影地として選ぶことも多い。

補**2)
映画には実在のサービスや企業も登場する。
・台湾大車隊 55688の豐田車両WISH。
・玉山銀行のロビーの等身大の猫さん。

玉山銀行の猫たちにはプロフィールがある。
ロビーで赤い首輪をつけているのは赤嘟嘟

家族構成
玉山家の猫
要FLASH

ご参考までに、玉山家の猫について記したNoteはこちら。
緑のネクタイは緑呼呼。

『台湾にキャッシュレスは定着するか(6)シェアバイク』

補**3)
台湾大車隊のトヨタ車両のタクシーは、台北の街で日常的に見かける。劇中ではベテランのドライバーが登場するが、実際の年齢層を意識した配役であろう。この人『海角』ではマイクロバスを運転していた。

一方、デリバリー経済を支えるのが若者であるように、配車サービスで活躍するのも同じ世代である。好きな運転を仕事に選び、高級車のシートに身を沈め、お気に入りの音楽に満たされながら働く。その姿は、従来の労働の概念を根底から覆してくれる。

そんな光景に出会った時のNoteはこちら。

『Audi8はアイドルコンサートを流しながら高速公路を快走する』


讚! 多謝!
15
決定版ビットコイン&ブロックチェーン(東洋経済新報社) https://www.amazon.co.jp/dp/B07B9WJBJR/