見出し画像

16歳の私よ、19年後にアフリカでブレーズヘアーに再挑戦できるなんて、君の未来は結構明るいじゃないか。

16歳の私へ。
高一でブレーズヘアーに挑戦したけど、帰宅した父親にブッ飛ばされて、母親に鋏で切られて、悲しい思いをしたよね。
あの時あなたは、どうしても現状、つまらない日々を変えたかった。自分じゃないものに変身したかった。

440人中400番代だった、ほぼ最下位の成績を70番代まで上げ、ブレーズヘアーにチャレンジしたよね。目標のために、つまらないことも、やり方を工夫すれば、やれるんだよね。

今は未来が描けなくて苦しいかもしれない。そしてその苦しみは、残念ながら結構続くんだ。
でも19年後にアフリカでブレーズヘアーに挑戦する機械化を手に入れるから、大丈夫。おもしろい人生を歩んでいるよ。

ジンバブエで、ブレーズヘアーに挑戦
まずは、つけ毛を買いにいく

ゴールドと黒のつけ毛にした。

これがBefore

ウィンクが不器用すぎて、痛がってるように見えるけど、痛くない。

After。できあがりです

アレンジの仕方を教えてもらう。

19 年前は、2万円で100本くらいつけた。
今回は300円で13本つけた。

痛い、痒い、重いと思って、チャレンジするのに腰が重かったけど
やってみたら、意外と痛くなく、気軽だったので、次は多い本数にチャレンジしたい~。

断水がおおいから、この髪型で何日髪を洗わずにいられるかチャレンジしたい。
今んとこ5日我慢が限界。二週間いけるかな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Tatenda!(ジンバブエの現地語ショナ語で「ありがとう」)
8
アフリカのジンバブエでグラフィックデザインの先生(2019-2021)。 ジンバブエ断続的停電、断水の日々。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。