見出し画像

行ってはいけない神社1

はつなぎ

おはようございます。

寒くなってきました。


あなたは、行ってはいけない神社って、どこだと思いますか?

この前吉濱ツトムさんのYouTubeで、行ってはいけない神社
というタイトルの動画があったのですが、
どきどきしながら見ました。笑

全部が全部ではないらしいのですが、
稲荷神社 ということでした。
私は、吉濱ツトムさんが好きなのです。男前やし。

よかったー。稲荷神社は行ってないし、摂社末社でも稲荷社は避けてきたのです。
ですから、今まで、稲荷社に、数々の神社に行きましたが、一度も手を合わせたことがないのです。

稲荷神社の宇迦之御魂大神は、いい神様だと言われていました。
それは私もわかってました。

稲荷神社は、全部が全部悪いわけではないけど、現世利益を求めて行く人が多いので、それが想念となって集まるので、
よろしくないエネルギー体を作ってしまうということでした。

そして、稲荷神社で、低次元の霊がついてしまったら、
やはり、低次元の方が、高次元の存在よりも、三次元の成功とかには短期的には作用しやすいということでした。
これも私が思っていた通りでした。でも、はっきりと言ってくれる人はそうそういない。笑

ただ、最初は成功していんだけども、後々、嫉妬されて(霊に)、本格的な霊障が始まるというのです。

そして、どうしても稲荷神社に行かないといけないときとかの、対策も言われていました。


わたしはそれを聞いて、あることを思い出しました。

稲荷神社を私が避けていたのは、あることがあったからなのです。

実は、中学生の思春期の不安定な時に、
私は、毎晩毎晩、金縛りにあったり、寝ようと思ったらベッドの表面がぼこぼこ動いて眠れなかったり、幽体離脱ーしたり、苦しい時があったのです。

その時に、叔父の義兄弟で、霊能者がいたので、みてもらったのですが、

その時は2つ事例が重なっていて、ひとつは、母が買った手作りのフランス人形の作り手の念のこと、
それと、父方の親類の家の稲荷をもともとまつっていたのを、移動させてほしいか、まつられていないので、もう一度まつってほしいか、忘れましたけど、そんな感じの事でした。

私の両親は、さっそくその親戚の家にその話をしに行ったのですが、
本当にお稲荷さんがあったそうなんです。
なんで私?わたし関係ないやん。と思ったのですが、
その霊能者が言うには、そういうのは、遠回しに知らせて、わかる人に知らせる、ということでした。ほんとかどうかは知りませんが。

それと、私の叔父は、商売をしていて、お稲荷さんをまつっていたのですが、その霊能者が、「お稲荷さんはよく効いてくれるけど、まつらんなったら後が怖いけんね」と教えてくれたのです。
叔父は結局、お稲荷さんをまつらなくなったのです。きちんとお返ししたというか。。

そんなこんながあって、
「お稲荷さんはよく働いてくれる」
とか、スピリチュアリストがYouTubeで言っているのを聞いたことがありますが、

その時の苦しいことや怖いことがあったので、なんとなく避けていたのです。

そこで思ったのです。

ああ、あの時の苦しみは、このためやったんや。と。

その中学生の時は、なんで私関係ないのにこんなことがおこるんよ!
と、本当に辛かったから、意味わからんし。

でも

それがあるから、いろんな神社に行っていても、避けることができた。

中学生の時には、まさか自分が将来神社に呼ばれて神社に行く、なんて思わないですから、

何十年後に、その時の意味がわかるわけですから、その時の苦しみのおかげというか。。。

本当に神様の采配は完璧だなあと思うわけです。
守られとったんやーと。

その時の苦しみがなかったらどうでしょうか。
もしかしたら、普通に行っているかもしれません。いや、行かんかもしれんけど。

稲荷神社の全部が全部悪いわけじゃないということですが、
どこがいいとか、悪いとか、わかりませんから。

今日書きたかったのは、稲荷神社がいいとか悪いとかではなくて、

(こんだけ書いといて笑)なんでこんなことおこるの!と、
その時にはわからなくても、後々わかることって本当によくあるなあということです。


今度は、金運が上がる神社に拒否られた話をまたもう一度
すこしだけ書いてみたいと思います。

吉濱ツトムさんの、行ってはいけない神社2の動画が出ませんように笑


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!