サボタイ/和田靜香

saboりながら書くtimes、略してサボタイ。どっかで聞いたことある風味。どちらかというと、すぐサボる。サボりながら政治や社会、あれこれ思うことを書いていきます。ひたすら「毎日」を過ごせたら、人生万歳。メールはshizukarem@yahoo.co.jp まで。

サボタイ/和田靜香

saboりながら書くtimes、略してサボタイ。どっかで聞いたことある風味。どちらかというと、すぐサボる。サボりながら政治や社会、あれこれ思うことを書いていきます。ひたすら「毎日」を過ごせたら、人生万歳。メールはshizukarem@yahoo.co.jp まで。

    最近の記事

    国葬反対! 声をあげました!

     今夜は新宿西口での国葬反対を訴える集会がありました。  なんと、生まれて初めてこんな場所でスピーチをやりました。  緊張しすぎて足震え声も震えでした。緊張するから、あらかじめ原稿を作って、それをひたすら棒読みしましたw すごい、すごい人でした! 棒読みした原稿を置いておきます。 私は安倍元首相の国葬に反対します。   理由は色々ありますが、いちばん腹が立っているのは16億6千万円とも、 それ以上になるとも言われている国葬費用です。   私は2年ちょっと前まで最低賃金

    スキ
    89
      • 1年前の今日、この本が出版されました

         1年前の今日、この本が出版されました。  アッと言う間のような、長かったような、濃厚な、今までにない体験をたくさんさせてもらいました、この本のおかげで。  私の生活は何も変わっちゃないんですがね。  でも、雲の上の人、憧れの人に会わせてもらったり、話をしたり、対談したり、たくさんの素晴らしい方々がこの本を紹介してくださり、私の人生一生分、ホメてもらったりして、舞い上がる日々でした。 版元の左右社さんには、特設サイトまで作ってもらい、私が色んな方に会って話したり、まぁ、

        スキ
        32
        • 福箱!

          夢も希望も微塵もありゃせん。。。。そんな毎日だ。 あるのは絶望だけで、日々生きるのが苦しい。本当に苦しくて、何やら脈もおかしくて、病院に行こうか? いや、このまま死んでしまえたら、いいのじゃないか? 真夜中にそんなことを逡巡する。 と、中野を歩いていたら、福箱なるものを売る店の近くを通った。前に、友達の美穂子さんが「あれ、笑えるよ」と言ってたな。そうか、買ってみるか、福箱。500円。なんと、自動販売機で売ってる。そこは服やら雑貨やらの卸問屋さんで、店先にある自販機に福箱が

          スキ
          72
          • 一人から始める市民運動?

             こんなことをいきなりやってみた!  元々は杉並区で「九条の会」の方々が同じようにシール投票をやっていたので、中野(私は中野区民)でもできないかなぁ?と思った。  以前なら思うだけだったろうけど、少し前に杉並区の岸本さと子区長の選挙のときに「ひとり街宣」に参加して、それで、なんか、免疫?できていたので、じゃ、自分でやってみようと思った。  それで、友達に声をかけ、文房具屋さんで「四つ切の画用紙ください」と買って来て、タイトル?を印刷して貼り付け、水筆で色をぺろりーんとつ

            スキ
            63

            新しい本を作っている?・・・はず。

            こんにちは。和田です。暑いです。私はこのごろ、ただテープ起こしだけしてる毎日で、こんなんで何か本らしいものが出来るんだろうか?と日々不安になるばかりで、辛い辛い気分です。外は暑い。コロナは蔓延。 ツイッターを見ると、フォローしている作家やライターの方々がキラキラと「新刊のご案内」をしている。「本が出来ました~」って。。。うううっ。みなさん、早い早い早い。ステキすぎる。大いに売れそうに見えるし、みなさんがどれだけ素晴らしいかを感じ、自分のバカさとかダメさとか弱さとか、色々なも

            スキ
            17

            選挙の前に思うこと③

             投票日は名古屋場所初日なので、上に↑前に行った名古屋場所写真を貼りますw さて、自民党支持します!と音楽業界4団体が表明し、エイエイオーみたいに決起集会まで開いた件は大ごとになり、反対する署名活動も始まり、あたりまえだろうと思っています。私もまだ肩書に音楽ライターと残しているので、こっそり署名しました。 それぞれ個人的にどの政党を支持するのはかまわないのは当然ですが、業界団体上げて政権与党を、しかも選挙終わったら憲法を変えますよ、みなさんの人権も制約しちゃいましょうかね

            スキ
            24

            選挙の前に思うこと②

              ツイッターにこんなのが上がって来た。  え?だって高校3年生だって選挙権ある子も大勢いるよね?? なんで? なんでダメなの? 理解できないよ。初めての選挙でやり方分からない! って子も大勢いるでしょうに。  特に今回の参議院選挙。選挙区と比例区の仕組みが分からない。選挙区って何? 比例区って何? って大人でも混乱している人が大勢いる。  ちなみに、 各都道府県で戦う「選挙区」 と 全国を1つの選挙区として戦う「比例区」  に別れていて、つまり、私たちは2枚の

            スキ
            42

            選挙の前に思うこと

             参議院議員選挙が7月10日と、あと10日あまり後に迫っていて、私のツイッターのタイムラインは選挙の話題でほぼ埋まっている。私自身、毎日、――ちょうど今、右足ふくらはぎが肉離れを起こして外出がままならず、ずっと家にいるので――選挙関連のツイートをしまくってる。ツイッター依存。よくはないなぁ。  そんな中で思うことがある。今朝、こんなツイートをした。  すると幾人かが「いいね」してくれて、幾人かが返信をくれた。  私は自著の「選挙活動、ビラ配りからやってみた。『香川1区』

            スキ
            51

            骨折り損のくたびれもうけ①

             今日(6月22日)は参議院選挙の告示日。私の周りはワラワラしているのだが、それとはまったく無縁に私は家にいる。ジッといる。一歩も外に出ない所存。  なぜなら、一昨日の夜、ちょっと小走りしかけた瞬間に「ピキッ」と右足ふくらはぎが言い、そこから歩けなくなってしまったのだ。  が~ん。が~~ん。が~~~ん。ガーンすぎる。その日(20日)は取材に出かけ、夜、ホテルに泊まっていた。翌日(21日)も再び取材のはずだった。なのに、なのに、全く歩けない。何か断裂してるんじゃないか?感満

            スキ
            16

            杉並区選挙祭りだ、ゴーゴッゴー♪

            今日は6月19日の杉並区長選挙に立候補予定の岸本さとこさんの応援で ひとり街宣!(正式名称は サポメンひとり街宣)でした。 ひとり街宣? これ、昨日、阿佐ヶ谷であった、岸本さんを応援する人たちによる選挙対策会議で決定したもので、 「杉並区内の全駅前で、それぞれ住民が一人で街宣する」というもの。 何もしゃべらなくてもいい、ただ、ポスターを持って、立っていればいい、と言われた。 なにせ岸本さん、新人だし、顔知られてないし、名前知られてないし、でも、駅前にポスターなんてそう

            スキ
            61

            OKコンピューター25周年

            レディオヘッドのCD『OKコンピューター』が出て、ちょうど、この5月うで25年なんだという。たまげた! 部屋の隅っこに座りこみ、ステレオ(というのが昔はあったわけで)にヘッドフォンのジャックをつっこみ、ひとりで悶々と聞き続けていたのが、あれが、そうか、25年前なのか。あのとき感じていたことも、あのときの不安も悲しみも迷いも、これから自分がどうしたらいいのか? 何ができるのか? 混乱の極みにあった気持ちもぜんぶありありと覚えているのに、そうか、もう25年なのか。人生って、アッ

            スキ
            10

            戦争のときのブログ⑫

             15日は沖縄が日本に復帰して50年。今日は朝からJ-WAVEのジョン・カビラさんの番組が沖縄のことを話し、沖縄の音楽をかけてる。辺野古新基地建設に反対してハンストをしている元山さんの名前も出てきて、復帰後に逆に基地が増えてしまったこと、50年というこの時には、沖縄の人が沖縄のことを考えるのではなく、沖縄以外の私たちが沖縄のことを考えるべきだと話した。  FMラジオって、今ではほとんどこうした話をしない。身の回りの当たり障りない話が多い。楽し気なDJ。いや、みんなのBGMと

            スキ
            8

            戦争のときのコラム⑪

             このツイート。  私はこのツイートに共感した。  日本のメディアはなんだかんだで政権与党のことしか伝えてなくて、れいわに限らず、立憲のことも社民のことも共産党のことも、野党のことはあんまり伝えてないと感じる。私たちがどう困っててどう不安で何がたいせつか。そして政治家それぞれ政党それぞれがそれを受けて、何を大切にして問題にしてどう選挙に挑もうとしてるかを丁寧に分かる言葉で伝えてくれてるように思えない。  このあいだ立憲・泉さんの青空対話集会を書き起こして左右社のnote

            スキ
            20

            戦争の時のブログ⑩

            いつも近所の床屋さんで1300円で髪の毛を切ってもらっている。そこはおじいさん複数とおばさん一人が経営していて、いつもはおばさんに切ってもらってるのに、さっき行ったらおばさんはお休み、一番高齢なおじいさんが「私が切ります」と出て来た。 えっ? おじいさん、ちょっと手がふるえてるような感じで、一抹の、いや、正直三抹ぐらい不安を抱きつつも、でも、まぁ、髪の毛ぐらいいいか、どうせまた伸びるから、という私の鷹揚な(いいかげんな)性格で、そのまま椅子に座った。 と、なぜかおじいさん

            スキ
            33

            戦争のときのブログ⑧

            ”縫製工場で働く女性たちの闘いを描いた映画「メイド・イン・バングラデシュ”が公開中だという。見に行かなきゃ。 昨日、モンゴルのお祭りハワリンバヤルに行った(練馬区・光が丘)と、昨日もここに書いた。そこでモンゴルの民族衣装を着せてもらった。前々から着てみたかったのだ。写真を撮り、Facebookに載せたら、内モンゴル自治区出身の方から「和田さん、モンゴル人に見えます」と言われて、感激していたのだが。 民族衣装って、ファストファッションから最も遠いものじゃないか?と朝から思っ

            スキ
            27

            戦争の時のブログ⑦

             戦争の最中の憲法記念日。新聞を読んでいたら、ビックリ。 改憲をめざす「国民の会」とかいうのが他の改憲を目指す会と憲法フォーラムを開いて、もちろん岸田総理もビデオメッセージを寄せていて(くそぉ)そこで桜井よしこが「他国の信頼や善意を信頼して日本国政府は何もしなくていいと書かれた(日本国憲法の)前文を引き破るのが私たちの責任」と言い放ったらしい。読んで思わず、 「何言ってんのこの人、バカじゃないの!」 って、一人くらす部屋で叫んだ。頭に血がのぼり、血圧が上がった。信じられ

            スキ
            9