conceptual

ロケ場所の話

京都植物園での商業撮影が有料になった件で業者の意見が出てるらしい。
写真家としての私の意見は「なるべくしてなった」としか思えない。
植物園であり、撮影用の施設でもなく、撮影禁止になったわけでもない。
休日のオンシーズンの5万円強が高いか安いかは価値観の問題であるし、
その時期は商業撮影はお断りという植物園からの柔らかい意思表示だろう。
業者自体も最終的に顧客への価格に反映させるだろうし、
そこで顧

もっとみる
ありがとうございます🎵
8

【コンセプチュアルスキルを鍛える】プロジェクトマネジャーの業務とトレーニング

◆プロジェクトマネジャーにコンセプチュアルスキルが必要な理由

プロジェクトマネジャーのマネジメント業務の中で特にコンセプチュアルスキルが重要な役割を果たすのは以下のような業務です。

・プロジェクトのパーパスの決定
・プロジェクトのコンセプト(進め方)の決定
・ステークホルダーの利害関係の調整
・計画の策定と変更
・プロジェクト全体の把握と分析的介入
・トラブルにおける問題解決
・振返り

プロ

もっとみる

Trip to somewhere

「人生は旅のようだ。」と誰が最初に言ったのか...。
スーツケースに入るだけの持ち物で宛のない旅に出る。
そんな憧れを誰もが持ってるのかもしれない。
将来、誰かに語る物語があるのなら、
きっと君の人生は充実したものだろう。

model : Rin

Panasonic LUMIX S1R
7Artisans 75mm F1.25

もっとみる
ありがとうございます🎵
11

白妖狐

人のいた場所を好むという。
遠い昔の人の跡。
自然と人の境目に、
迷い込む人を待つ。

model : CoCoRo

Panasonic LUMIX S1R
SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM

もっとみる
ありがとうございます🎵
10

コンセプチュアル講座探訪(2)管理からマネジメントへ~「マネジメントをコンセプチュアルにする」

◆業務管理とマネジメントの違い

一般的に日本のマネジャーはマネジメントができないと言われます。なぜでしょうか?

企業には組織があります。例えば、事業部の中にいくつかの部があり、それぞれの部にはいくつかの課があります。そして課の中にはいくつかの係があったり、チームがあったり、プロジェクトがあったりします。

一般的には、マネジャーというのは課長以上の人です。つまり、係やチーム、プロジェクトは業務

もっとみる

The white-fox story of the dunes

モデルを使った撮影での単焦点レンズ開放値付近の使用率はかなり高い。
単焦点レンズで絞って撮影するなら、
今どきのよく出来たズームの方が描写も遜色ないし使いやすいと思う。
単焦点レンズに最も求めるのは、
「被写体の背景からの分離」であるのが私の使い方。

ちなみに、LUMIX S1/S1Rに実装されている人物認識~顔認識~瞳認識フォーカスはとても機能的で便利なので、しばらく使用してみましたが、現時点

もっとみる
ありがとうございます🎵
11

鳥取砂丘まで行ったけど...

鳥取砂丘まで作品撮りで向かったけど、
結局の所、
鳥取の友人に教えてもらった廃線跡で撮った写真がお気に入りの作品になってしまった。
廃線フェチでもないけど、艶やかな和装と廃線跡のミスマッチがアヤカシの雰囲気を醸し出して異世界的に感じてもらえると嬉しい限り。白妖狐がコンセプトなのだが、妖怪をそのまま狐モチーフにしてしまうと芸がないというかただのコスプレになってしまうので、それは避けたいところである。

もっとみる
ありがとうございます🎵
13

Requiem

ひととき咲く華に集まりし者たちよ。
現世を去りし者たちよ。
曼珠沙華と共に暖かな光の先へ。

model : Eriko Higashiura

Panasonic LUMIX S1R
SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

もっとみる
ありがとうございます🎵
7

ロケーション

このロケーションは、何人かに教えている。
彼らが使うかどうかは知らない。
古代湖である琵琶湖の姿を残す数少ない場所で、
近辺では熊の出没情報を目にする事もある。
季節、天候、時間によって見せる姿は様々だし、風は常に強い。
かつて年間を通してこの場所に通っていた経緯もあり、
ここでの撮影に偶然性は無い。
ロケハンと良く言うが、
一回行っただけでわかるのは地形くらいのものである。
 

model :

もっとみる
ありがとうございます🎵
11

Scorched Earth

既に手放したカメラやレンズで撮影した作品を見返すと、
「作品は機材ではない」と毎度同じ考えに至る。
しかし、より良い画質、より良い操作性を求め、新しい可能性に期待し、
新しいカメラやレンズを使っている自分がいる(笑)
同じ作品をもう撮ることができないのに、
このとき今の機材があればどうだろう?と思いを馳せてみたりもする。
はっきり言えば実にくだらないことだ。
タラレバほどみっともない事はない。

もっとみる
ありがとうございます🎵
9