WSL2+XmingでfoamMonitorを実行するときのやり方

WSL2+XmingでfoamMonitorを実行するときのやり方

どうもWSL2だと表題の組み合わせでXを飛ばすとエラーになるようなので調べてみました。拙著OpenFOAMの歩き方でも残差表示に使っていますが、今後、講習会関係でもひっかかる方がいるかもしれないのでメモを残します。 1.Xmingが立ち上がっていれば終了する。すでにXmingが立ち上がっている場合はタスクバーから終了してください。 Xmingのアイコンを右クリックしてExitを選択すると確認のウインドウが表示されるので、Exitを押してください。 2.XLaunchを使

スキ
1