『いわしのロミロミサラダ』&『いわしとポテトのオーブン焼き』

今回はいわしを使った2品!『いわしのロミロミサラダ』と『いわしとポテトのオーブン焼き』の作り方をご紹介します。

いわしについて
 6~10月に旬を迎える鰯は、カルシウムやDHCのほか、代謝をUPし、むくみ予防に効果のあるビタミンB群やタンパク質、美肌に◎のコエンザイムQ10など、女性に嬉しい美容効果が満載です。「目に濁りがなく透明」「えらが新鮮な赤色」「うろこがある」「太っていてお腹が硬い」とい

もっとみる

魚屋さんとか刺身とか-前編-

以前書いた町の蕎麦屋さん、中華屋さんがあった頃は町会の中だけで魚屋さんも2軒ありました。他にも2軒『あった!』という記憶があるように、子供のころから魚屋さんというのは私の身近な存在でした。

ちなみに町会ではない魚屋さんの記憶ですが、店の前にハエ取りカゴがあって、その中では囚われの身となったが元気のいいハエたちがブンブン飛び回っていた隣でおじさんがデカいタライとか樽なんかをビニールホースの水でジャ

もっとみる
スキありがとうございます。
3

入梅(にゅうばい)いわしの衝撃的なひとくちの思い出

入梅(にゅうばい)イワシをご存知でしょうか?

イワシの主要な水揚港である銚子港は日本一の水揚港としても知られ、ここで水揚げされるイワシは太って丸みを帯びており、特に6~7月にかけての「入梅」(梅雨の時期)に水揚げされるマイワシは「入梅いわし」と呼ばれ、1年の中で最も脂が乗って美味しくなります。

私は千葉県出身で、かつてよくこの時期(6月〜7月前半)になると一人で銚子港まで行って入梅イワシの刺身

もっとみる

シュール漫画

鰯崎さんの漫画がツボだ。

https://note.mu/iwa_t/n/ne90f276d8970

4コマ漫画だから人物設定なんて書いてない。

漫画の中の世界だけで完結。

だから突拍子も無い登場人物がしばしば出てくる。

今回のルンバさんも人物の名前なのか、
現実世界で言うところの近所のおじさんの愛称なのか
分からない。

ただ家の中に無数のルンバが敷き詰められている。

その理解できな

もっとみる

『ざっくり紙のことがわかるコラム』

noteで作品を発表している方なら、自分の名刺やチラシ、フライヤーなどを作ろうと考えたこともあるのではないでしょうか。私も最近、自分のブログを人に紹介するときに、こういうものがあればいいなあ、と思ってます。口頭で「ブログやっています」って伝えるのもそれはそれでいいんですが、名刺がさっと出てくると、やっぱりかっこいいですよね。

また、自分の名刺のデザインを考える、というのは、とても楽しいものです。

もっとみる
あなたのスキ!届きました!ほかの記事もぜひ!
33

ゾウ汁【おそらく聞いたことがない話】

かつてゾウ汁はこの辺りの名物料理だったが、最近では、一般家庭でゾウ汁をつくることは稀になったという。今はキリン汁がポピュラーなのだと、当地の原坂さん(63)は言う。いや、言うというのは正しい表現ではない。情報が脳に直接流れ込んでくるのだ。

「・・・ゾウインフルエンザが流行ってから、やっぱし、ねえ・・・抵抗あるけぇのお・・・。そりゃ、キリンとゾウってたらゾウのほうがうめえにきまっとる・・・」

もっとみる
ありがとうございます!シェアしてもらうと嬉しいです☆
18

【妊婦飯】いわしフライが最高だった件!

先に書いた目黒のスーパーで買ったイワシが、びっくりレベルで美味しかった!宣言通り「いわしフライ」作りました。

【妊婦飯】栄養の宝庫!いわしフライ

①内臓などを取って開いたイワシの両面に軽ーく塩を振る

②まずはこのイワシがどんなもんかとばかりに、普通にイワシフライを作ってみました!(フライ:小麦粉→溶き卵→パン粉)

③出来上がり。うひゃー!激ウマ!!
このイワシ、まじで新鮮、イワシ自体がウ

もっとみる
スキありがとうございます!ぜひフォローも頂けると嬉しいです♡
10

【アニメの日々】居眠り運転の日々【おそらく聞いたことがない話】

アニメーションの制作進行に課せられたミッションは、車を運転してアニメーターの家に赴き、原稿を回収すること。基本的に休日は無く、まる3日ぶっ通しで働きました、ということも多々あるなかでの車の運転は、とうぜんながら非常に危ない。居眠り運転は日常茶飯事、という状態だった。会社からの通達で、本当に眠いときにはコンビニなどに車を止めて、仮眠をとるように言われていたものの、そんなことをしていればスケジュールが

もっとみる
スキをありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!
30

樹妖記あるいはサクセスの秘密【おそらく聞いたことがない話】

法相宗の僧、円儀が遣唐使として倭国から唐へと向かったのは、斎明五年のことである。しかし、その当時の航行とはまさに風任せのものであり、運に見放された円儀はついに唐へと渡ること叶わなかった。船は当初の航路から大幅に南へと流され、現在でいう、ヴェトナムへと漂着したのであった。

円儀は自身の不幸を呪ったものの、仕方がないので、この地に自分がたどり着いたのは、御仏の導きである、と考えることにした。自分に

もっとみる
スキをありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!
25