読人知らず

偽りのなき世なりせばいかばかり人の言の葉うれしからまし

#読人しらず #古今和歌集 712 #jtanka #短歌 もし、私たちの関係が嘘偽りのないものだったなら、あの人の言葉がどれほどにうれしかったでしょうか。けれど…… この歌は古今和歌集の仮名序にも現れますが、そこでは恋の歌としては扱われていません。恋の歌として解する場合には「世」は男女関係のこ…

里人のことは夏野の繁くともかれゆく君に逢はざらめやは

#読人知らず #古今和歌集 #0704 #jtanka #恋 世の中の噂というものは、夏の野原に繁っていた草がやがて枯れていくのと同じように消えていくものです。でも、その噂のせいであなたは離れていく。そんなあなたに逢わないでいられましょうか。 「こと」は、ここでは「噂・評判」の意味。 「かれゆく」…

あな恋し今も見てしか山賤の垣穂に咲ける大和撫子

#読人知らず #古今和歌集 #0695 #jtanka   ああ恋しい。いまも逢いたいなあ。山里の家の垣根に咲いている大和撫子のように愛しいあの娘に。 「あな」は「ああ」の意。感情が高まったときに発する言葉で、形容詞の語幹(シク活用の場合には終止形)が続く(ここでは「恋し」)。 「見てしか」の「て…

君や来む我や行かむのいさよひにまきの板戸もささず寝にけり

#読人知らず #古今和歌集 #0690 #jtanka #恋 あなたが来るかしら、それとも私が行こうかしら……とぐずぐずしているうちに、十六夜の月が見えてきて、私は寝床の扉も閉めずに寝てしまったのよ。 「君や来む」は「君+や+来+む」。「や」は疑問を表す係助詞で係り結びを作る。「来(こ)」はカ変動…