著者メッセージ

8月18日『機龍警察 白骨街道』発売記念【著者メッセージ】

8月18日の『機龍警察 白骨街道』発売を記念して、著者の月村了衛さんが読者のみなさまにメッセージを寄せてくださいました。 庶民の怨念と文学の強度 月村了衛 『白骨街道』のタイトルと内容は、前作『狼眼殺手』刊行直後には決めていた。ミャンマーのロヒンギャ虐殺に材を取ろうと。オリンピック開催は決定していたが、コロナ禍などまだ存在しなかった頃である。それがいざ連載を始めてみると、日本の状況をインパール作戦の「白骨街道」に喩える言説が日ごとに目に付くようになっていった。予想もしてい

スキ
35